「ソルベンシーマージン比率」って何?

今回は、保険会社の健全性を示す指標のひとつである、「ソルベンシーマージン比率」について、なるべくシンプルにご案内します。

【ソルベンシーマージン比率とは】
保険会社の健全性を示す指標です。

「ソルベンシーマージン比率」は通常の予測を超える大災害や株価の大暴落などの不足な事態に対して、どのくらい保険金を安定して支払える力(「支払い余力」といいます)があるのかを見る物差しとして使われます。

この数字が200%を超えていれば健全な状態であるとされています。しかし、200%を超えていれば大丈夫とは言い切れません。

なぜなら、過去(1997年~2001年の間)に破綻した7つの保険会社(旧日産生命・旧東邦生命・旧第百生命・旧大正生命・旧千代田生命・旧協栄生命・旧東京生命、の各保険会社)は破綻直前まで「ソルベンシーマージン比率」が200%を超えていたからです。それゆえ、厳密性に欠けているといえるでしょう。

また、経営歴が短い保険会社は「ソルベンシーマージン比率」の数字が極端に高くなる問題点もあります。

そのため、「ソルベンシーマージン比率」は絶対的なものではないといわざるを得ないでしょう。
 
個人的には、顧客利益の観点から、より決定的な判断基準を策定する必要があると考えます。ただ、それには生命保険会社の「積極的な情報開示」が必要不可欠ですが…。


皆様の一票をお待ちしております。
人気blogランキングへ

"「ソルベンシーマージン比率」って何?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント