「リビングニーズ特約」って何?

今回は「リビングニーズ特約」についてご案内します。

【リビングニーズ特約】
「リビングニーズ特約」とは保険に入っている人(被保険者)が“余命6ヵ月”と判断されたら、一定の金額の範囲内で、死亡保険金を前払いするための特約です。

その主な特徴は以下のとおりです。

①ご本人・ご家族が最後まで有意義に過ごすために死亡保険金を前払いします。
被保険者が“余命6ヵ月以内”と判断された時、ご契約の死亡保険金の一部または全部をお支払いします。

②すべての病気やケガが請求の対象となります。
傷病の種類を問わず、保険金をお支払いします。がん、急性心筋梗塞、脳卒中はもちろんのこと、あらゆる疾病、ケガが請求の対象となります。

③特約分の保険料は必要ありません。
特約分の保険料負担はありません。つまりタダで付けられます。

④必要に応じた金額をご請求いただけます。
ご請求金額(「指定保険金額」といいます)は、ご契約の死亡保障の所定の範囲内で、なおかつ、被保険者一人につき、3000万円を上限に、必要な金額を請求することができます。また、6ヵ月以上生存、病状が好転しても医師をはじめ被保険者の責任、あるいは保険金の払い戻し・請求取り消しは問われません。

⑤保険金は非課税です。
この保険金を被保険者が受け取られる場合は、非課税扱いとなります。

⑥お支払い保険金額について
ご請求金額(指定保険金額)から、指定保険金額に対応する6ヵ月分相当の利息と保険料相当額を差し引いた金額をお支払いします。また、特約保険金をお支払いする時に貸付金がある場合にはその元利合計金額も合わせて差し引きます。
[お支払額]=[指定保険金額]-[6ヵ月分の利息及び保険料相当額]

⑦請求ができる人について。
請求ができるのは被保険者か*指定代理請求人です。
*指定代理請求人:保険金の受取人が被保険者の場合で、被保険者が余命宣告を受けていないなど“特別な事情”がある場合に、被保険者に代わって保険金の請求ができる人のことです。

*指定代理請求人の範囲について
保険契約者は、被保険者の同意を得てあらかじめ以下の範囲内で指定代理請求人を指定できます。
1)請求時において、被保険者と同居または生計を一にしている戸籍上の配偶者。
2)被保険者の直系血族(親・子・祖父母など)。
3)請求時において、被保険者と同居または生計を一にしている3親等以内の親族。

「裏知識」
この「リビングニーズ特約」はアメリカのプルデンシャル生命が最初に開発した特約です。日本では1992年にプルデンシャル生命が最初に認可を取得し導入しました。

皆様の一票をお待ちしております。
人気blogランキングへ

"「リビングニーズ特約」って何?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント