生命保険の超基礎学:ミニテスト編⑩

前回*に引き続き、第10回目のミニテストです。

*前回の記事はこちらです。
  • 生命保険の超基礎学・ミニテスト編⑨

    では、早速第10回目のミニテストを行ないます。以下の設問の空欄に対する正しい答えを3つの中から選んでください。

    ・問題
    ・ガン保険の保障が開始(「責任開始」といいます)されるのは、保険期間の開始(「保険の始期」といいます)から○○日目である。

    ・解答群
    1.31日目 2.61日目 3.91日目

    制限時間は15秒です。ではスタート!!

    チッチッチッチッチッ…チッチッチッチッチッ…チッチッチッ……はい、そこまで!!

    …ファイナルアンサー?

    正解は…3です。

    ・解説
    ガン保険は他の保険(終身保険や医療保険)とは異なり、保険期間の開始から保障が開始されるまで90日間の待機期間(保障をしないため「不担保期間」とも言います)が設けてあります。

    もしこの「待機期間」中に、保険の対象者(「被保険者」。以下同じ)が、がんと診断確定された場合は保険契約は無効となり、保険契約を解除されます。

    その場合、保険会社に払い込んだ掛け金(「保険料」)は、保険契約を締結した人(「契約者」。以下同じ)に払い戻されます。

    ただし、告知をした日より前に被保険者ががんと診断確定されていた事実を、被保険者または契約者のいずれかが知っていた場合は、保険料を払い戻しません。


    このことは、ガン保険に加入する際、あらかじめ理解しておく必要がある「重要事項」のひとつです。

    なお、詳細は約款の“ご契約のしおり”に記載されておりますので、必ずご確認ください。

    また、これからガン保険に加入される方は、契約をする前に必ず約款を受け取り、説明を受けて納得してから加入してください。



    以上です。

    皆様の一票をお待ちしております。
    人気blogランキングへ
  • "生命保険の超基礎学:ミニテスト編⑩" へのコメントを書く

    お名前
    メールアドレス
    ホームページアドレス
    コメント