「無認可共済」ベルル共済の破綻について⑨:「被害者の会が共済を告訴」

前回*の続きです。11月11日付の高知新聞・朝刊に、高知県内の被害者が破綻したベルル共済を、詐欺容疑で告訴したという記事がありました。

*前回の記事はこちらです。
  • 「無認可共済」ベルル共済の破綻について⑧:「高知・徳島両県警が家宅捜索」

    記事によりますと、今回の告訴分の被害額は被害者の会世話人ら9人で、計3090万円、とのことです。

    …しかし、実態が解明されてくるにしたがい(・_・?)となります。なぜ建設国保は10億円近くもの資金を不正に流用した人間を刑事告訴しなかったのでしょうか。

    解任されて間もない人間が、数百万円から1000万円ものお金を毎月送金してくることに何の疑いももたずにいられるものでしょうか?

    管理人にはこの点が不思議で仕方がありません。

    【記事の内容】

    以下、記事の内容です。

    【保険被害者ベルル告訴 「最初から詐欺目的」】
     本件を中心に四国四県で約35億円を集めて営業を停止した「ベルル生命医療保障共済会」(徳島市)の県内の共済契約者らでつくる「ベルル共済被害者の会」(世話人8人)は10日、「共済を詐欺の手段として立ち上げた」として、同共済の川越一理事長=10月10日死去、当時(61)=と同共済運営会社の竹中美千代常務(51)=徳島県鳴門市=を詐欺容疑で県警本部に告訴する告訴状を提出した。

     被害者の会は「共済の掛け金などは理事長の負債返済や遊興費に充てられた」と指摘し、県内の被害額は「計19億3900万円に達する可能性がある」としている。

     告訴状によると、川越理事長らは共謀。平成11年11月17日から18年4月28日の間、共済商品などの預かり金を同理事長の負債や遊興費に当てる意図だったのに、配当や利息を支払うかのように装い、顧客から現金をだまし取った―としている。今回の告訴分の被害額は被害者の世話人ら9人で、計約3090万円。

     被害者の会は、全国建設工事業国民健康保険組合(建設国保)の高知、徳島両支部長だった同理事長が、7~9年ごろ両支部の保険料約10億円を流用し、弁済に追われていたことや、9年に自社ビルを完成させ多額の借金を抱えていた状況を指摘。「そういう状況の後にベルル共済会を立ち上げており、当初から詐欺目的だった」としている。

     被害者の会世話人とベルル共済被害対策弁護団の弁護士が10日午後、県警本部捜査二課に告訴状提出。同課は「受理する方向で検討する」と答えたという。

     ◇四弁連が理事長声明 関係機関は救済策を
     ベルル共済問題で、四国弁護士会連合会(山原和生理事長)は10日、四国財務局など関係機関に問題の真相究明と被害救済を求める理事長声明を発表した。

     声明は「今回の営業停止で掛け金などが返済されないのではないかとの不安が顧客の中に広がっている」と指摘。「高知弁護士会に約200人、徳島弁護士会に約180人もの顧客が相談に訪れ、被害の深刻さを物語っている」とし、被害救済に向けた関係機関の連携を求めた。

     ◇被害者の会 金の流れ 徹底解明を
     ベルル共済会の理事長らを詐欺容疑で告訴に踏み切った「ベルル共済被害者の会」の世話人と弁護団は10日、県庁で会見。高知・徳島両県警の捜査による同共済の実態解明に期待を寄せる一方、無認可共済を長年放置してきた行政の責任にも言及した。

     世話人5人と参田敦弁護団長ら弁護士3人が告訴状を提出後、会見。世話人の男性(69)は「だました人間にも、こういう形(監督官庁のない無認可共済)を野放しにしていた行政にも腹が立つ」と述べ、「共済会が集めた金の流れや経営内容を県警には徹底的に突き止めてほしい」と訴えた。

     理事長が建設国保の保険料約10億円を流用していた問題については「理事長の使い込みを高知の人はほとんど知らなかった。それが高知の被害を大きくしたのではないか」としながら、「(お金は)全額戻るのに越したことはない」と不安な心境を漏らした。

     弁護団は「あれだけの金がなくなるとは考えられない。通帳や帳簿類になくても、どこかに隠されているはずだ」と両県警の捜査に期待。理事長に約10億円を流用された後、毎月数百万円から一千数万円の弁済を受けていた建設国保との関係に「重大な関心を持っている」と強調した。

     弁護団は無認可共済の問題点にも言及し、「監督機関がない状況を放置してきたことが、これほどの被害を生んでいる。法的には別にして行政責任がないとはいえない」と厳しく指摘。被害回復対策については「財産があれば破産申し立てや差し押さえの手続きを取るが、今の段階では費用倒れになる可能性もある」と捜査の進展を見極める考えを示した。


    以上です。

    皆様の一票をお待ちしております。
    人気blogランキングへ
  • "「無認可共済」ベルル共済の破綻について⑨:「被害者の会が共済を告訴」" へのコメントを書く

    お名前
    メールアドレス
    ホームページアドレス
    コメント