SBIアクサ生命、引受査定自動化システムの稼動開始へ。

8月25日の保険毎日新聞・保毎ウェブが、SBIアクサ生命保険の引受査定システムについての記事を配信*しました。

*詳しくはこちらをどうぞ。
  • SBIアクサ生命、引受査定自動化システムの稼働開始[2009年8月25日]

    配信された記事によりますと、

    < インターネット専業の生命保険会社であるSBIアクサ生命はミュンヘン再保険グループ傘下で、生保会社向け新契約査定自動化ソリューションの世界有数のプロバイダーであるオールフィナンツ(株)が開発した引受査定自動化システムを日本で初めて導入し、8月25日から本番稼動を開始する予定。SBIアクサ生命はこれまで申込者にインターネット上で健康状態などについて告知を求めてきたが、今回の新システム導入により、保険申し込みのうち、これまで謝絶となっていたものも、概要から詳細へと掘り下げていくドリルダウン質問に申込者が答えていくことで、一段と詳しい告知が可能になり、引受範囲が拡大する。同社では「引受可能になる契約が従来と比べ、10%程度増加する」と見込んでいる。>

    とのことです。

    …SBIアクサ生命の公式コメントによると、

    < このシステムは、お客様が申込の際に行う告知に対し、引受査定をWeb上で対話形式で行えることが最大の特徴です。>

    とのことです。

    う~ん、対話形式で行えるとは…すごいですね。

    個人的には、今回のシステム導入・稼動は保険会社にとっても申込者にとってもお互いに利益が生じる、いわゆる「相互利益」の実現ではないかと思っています。

    新システムが稼動することにより、SBIアクサ生命がどこまで契約件数を伸ばすのか…要注目ですね。

    【記事の内容】

    以下、配信された記事の内容です。

    【SBIアクサ生命、引受査定自動化システムの稼動開始】
     インターネット専業の生命保険会社であるSBIアクサ生命はミュンヘン再保険グループ傘下で、生保会社向け新契約査定自動化ソリューションの世界有数のプロバイダーであるオールフィナンツ(株)が開発した引受査定自動化システムを日本で初めて導入し、8月25日から本番稼動を開始する予定。SBIアクサ生命はこれまで申込者にインターネット上で健康状態などについて告知を求めてきたが、今回の新システム導入により、保険申し込みのうち、これまで謝絶となっていたものも、概要から詳細へと掘り下げていくドリルダウン質問に申込者が答えていくことで、一段と詳しい告知が可能になり、引受範囲が拡大する。同社では「引受可能になる契約が従来と比べ、10%程度増加する」と見込んでいる。

     オールフィナンツ社の引受査定自動化システムはウェブを活用し、査定エンジン(URE:Underwriting Rules Engine)は生保会社のサーバーに置かれる。申込者本人や代理店、あるいはコールセンター担当者はオンラインのパソコン画面上に表示される告知質問に回答を入力し、UREがあらかじめ構築された査定ルールに従ってドリルダウン質問が行われ、告知・査定が自動的に完了する。

     UREを利用すると、例えば告知に「はい」と回答があった場合でも、ドリルダウン質問を進めることで、保険会社はこれまでよりも詳細な告知を受けることができ、販売現場での査定が可能になる。

     SBIアクサ生命は開業後、既存の申込プロセスでの引受率の改善を模索する中で、オールフィナンツ社のシステムがこの課題を解決すると判断し、今年1月に同システム導入を決定した。2月から導入プロジェクトを開始し、8月25日から本番稼働をスタートさせる予定。

     UREの中で使用する査定ルールはミュンヘン再保険が構築したものを使用する。ミュンヘン再保険はSBIアクサ生命での同システムの本番稼働に合わせて日本市場向けのルール構築を進めてきた。

     SBIアクサ生命は同システムの導入で、今まで以上にきめ細かい引受査定を行うことが可能となり、今後さらに多くの保険申し込みを引き受けることができるようになると期待している。

     引受査定自動化システムは既に欧米やオーストラリアの保険会社では導入が進んでおり、オールフィナンツ社は、この分野のマーケットリーダーとしての地位を確立しているという。

     同社のUREは紙ベースでは得ることができなかった被保険者の詳細な状況についても、ドリルダウン質問によって入手可能にし、その場で自動査定を行い、引き受けの可否や評点を決めることができる。導入する販売チャネルに制限はなく、営業員端末、コールセンター、インターネット・ダイレクト、銀行窓販といった、それぞれの引受査定プロセスを自動化する。

     ドリルダウン質問で健康状態に関する従来以上に詳細なデータを入手することが可能で、これまで追加で求めてきた医的資料の提出の頻度も少なくなり、査定者に回付されるケースも減らすことができる。

     ミュンヘン再保険とオールフィナンツ社は「UREを導入すると、保険会社は結果的にコスト削減、売り上げ向上につなげることが可能であり、日本の生命保険市場でも引受自動査定が標準化することが期待される。今後も生保会社の新契約プロセスの効率化を支援していく」と強調する。

    【SBIアクサ生命の公式コメント】
    以下、SBIアクサ生命の公式コメントの内容です(同社の8月25日付ニュースリリースより抜粋・転載)。

    【SBIアクサ生命、オールフィナンツ社の「引受査定自動化システム」を日本で初めて導入】
     インターネット専業の生命保険会社であるSBIアクサ生命保険株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:木村真輔、以下「SBIアクサ生命」)はミュンヘン再保険グループ(本社:ミュンヘン、CEO:ニコラス フォン ボンハルト)の子会社であるオールフィナンツ株式会社(本社:ダブリン、CEO:ロス メイン、以下「オールフィナンツ」)が開発した引受査定自動化システム(Underwriting Rules Engine、以下URE)を日本で初めて導入し、8月25日より本番稼動いたします。

     このシステムは、お客さまが申込の際に行う告知に対し、引受査定をWeb上で対話形式により行えることが最大の特徴です。これにより、お客さまは従来より詳細な告知が可能となりますが、一方で保険会社は体況上のリスクを詳細に把握することができるため、結果として引受範囲の拡大が可能になります。

     SBIアクサ生命はこれまでもお客さまからインターネット上で健康状態等について告知していただいておりましたが、このシステムの導入により、更にきめ細やかな引受査定を行うことができることとなります。その結果、従来よりも10%程度、引受けが可能となるご契約が増加するものと見込んでおります。


    以上です。

    人気ランキングは、8月26日11:30現在で20位…アップしました。ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    人気ブログランキングへ
    人気ブログランキングへ

    マネポケランキングは、現在42位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    マネポケ金融投資ブログランキング!
    マネポケ金融投資ブログランキングへ
  • "SBIアクサ生命、引受査定自動化システムの稼動開始へ。" へのコメントを書く

    お名前
    メールアドレス
    ホームページアドレス
    コメント