中国に高速鉄道の運用は早すぎたのでは?

はじめに。

今回もMSN産経ニュースの差込記事を取り上げていますので、携帯からごらんの方はわかりにくくなってしまいます。



…すでに報じられておりますように、中国ご自慢の「先進的な高速鉄道」において、列車追突事故が発生し、多数の死傷者が出る大惨事となっています。

その報道で思わず目を疑ってしまったのが、埋め込み記事の内容です。なんと追突した事故車両の運転席部分などを現場で穴を掘り、埋めてしまった*というのです。

*19:00追記…夕方のFMニュースによると、建設用重機で破壊して埋めたそうです。予想の斜め上を行っていて呆れました。

事故を起こした車両は原因究明が終わるまで保存する、というのが当たり前だと思うのですが…。

この事故について、中国は鉄道局長ら幹部3人を更迭、独自取材を認めない―など、「トカゲの尻尾切りで批判を逸らす」「共産党の独裁体制を維持するために情報をコントロールする」という、いつもの行動をとっています。

やれやれ…どうやら中国が高速鉄道を運用するのは、あまりにも早すぎたようですね。このようなことではまた大事故を起こしてしまうかもしれません。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

マネポケ金融投資ブログランキング!
マネポケ金融投資ブログランキングへ

"中国に高速鉄道の運用は早すぎたのでは?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント