意外に知られていない「差額ベッド代」を支払うべきケース。

今回は、生命保険会社が医療保険のパンフレットで取り上げていることがある、「差額ベッド代」についてサクッと述べてまいります。

さて、皆さんは病院の個室(正確には「特別療養環境室」といいます)の料金、すなわち「差額ベッド代」はどのようなときに支払わなければならないと思いますか?

え?「個室を利用したら必ず支払う必要がある」ですって?

いえいえ、個室を利用したら必ず差額ベッド代を支払わなければならない、ということはありません。

では、一体どのよう場合に差額ベッド代を支払うのか?と申しますと

患者が「個室に入りたい」と自ら希望して利用した場合だけ

です。

それ以外のケース、例えば「救急搬送されて個室に入った」などのケースでは、差額ベッド代を支払う必要はありません。

また、そのようなケースでは、病院側は患者側に差額ベッド代を請求してはならないのです。そのことについて、厚生労働省の通達の1つ、

  • 特定療養費に係る療養の基準の一部改正に伴う実施上の留意事項について(平成9年3月14日)(保険発第30号)

    には、次のように規定されています(上記通達より抜粋・転載)。

     特別の療養環境の提供は、患者への十分な情報提供を行い、患者の自由な選択と同意に基づいて行われる必要があり、患者の意に反して特別療養環境室に入院させられることのないようにしなければならないこと。

     したがって、特別療養環境室へ入院させ、患者に特別の料金を求めることができるのは、患者側の希望がある場合に限られるものであり、救急患者、術後患者等、治療上の必要から特別療養環境室へ入院させた場合には、患者負担を求めてはならず、患者の病状の経過を観察しつつ、一般病床が空床になるのを待って、当該病床に移す等適切な措置を講ずるものであること。



    以上です。

    画像
    ↑、庭先のラベンダーで吸蜜中のモンシロチョウです(7月上旬に撮影)。

    人気ランキングは、11月11日11:00現在で10位…下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    人気ブログランキングへ
    人気ブログランキングへ

    マネポケランキングは、現在15位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    マネポケ金融投資ブログランキング!
    マネポケ金融投資ブログランキングへ
  • "意外に知られていない「差額ベッド代」を支払うべきケース。" へのコメントを書く

    お名前
    メールアドレス
    ホームページアドレス
    コメント