生命保険の超基礎学・ミニテスト編55―復活したがん保険の保障について。

今回は1年ぶりのミニテストを行います。

では、早速問題です。以下の問題に対する解答を選択してください。

【問題】
私は40代のサラリーマンです。3年前に終身型のがん保険に加入したのですが、そのがん保険を失効させてしまいました。

幸いにも担当者がすぐに連絡をしてくれたこともあり、失効後すぐに復活手続きを行い復活させることができました。

ところが、復活して60日が経過したとき、ちょうど会社の健康診断があったので受けたところ、胃の検査で引っ掛かり精密検査を受けることになりました。

精密検査を受けた結果、早期の胃がんが発見されたため、入院・手術を受けました。復活してから75日目のことです。

10日ほどで退院できたので、診断給付金と入院・手術給付金を請求することにしました。支払われますよね?

【解答群】
1.支払われない。

2.保険会社によっては入院給付金と手術給付金が支払われる。

…制限時間は20秒です。ではスタート!!

チッチッチッチッチッ…チッチッチッチッチッ……はいそこまで!!

正解は、

2

です。

【解説】
ご存知のとおり、がん保険には「90日間の待機期間」が設けられており、失効したがん保険を復活させると、この待機期間も復活します。

この待機期間中にがんと診断確定されると「がん無効」となり、保障を受けることはできません。

じゃあ、この男性は待機期間中にがんと診断確定されたのだから、がん無効となって一切保障が受けられないのではないか?と思われるかもしれません。

しかし、管理人が取り扱っている外資系生保M・A社の終身がん保険は、入院給付金・手術給付金に待機期間が設けられておりませんので、入院と手術の保障を受けることができるのです。

なお、詳細は必ず約款でご確認ください。

以上です。

画像
↑、巣を守るセグロアシナガバチの女王(4月に管理人宅で撮影、後日、巣ごと駆除しました)。

↓6月20日18:00現在で5位…ちょっと下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↓現在12位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
マネポケ金融投資ブログランキング!
マネポケ金融投資ブログランキングへ

↓6月20日18:00現在で9位…アップしました。ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
にほんブログ村 保険へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

"生命保険の超基礎学・ミニテスト編55―復活したがん保険の保障について。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント