がんの免疫療法、医療現場での地位が飛躍的に向上。

8月6日の日本経済新聞・夕刊に、がんに対する免疫療法の記事がありました。

記事によりますと、

< がん治療の中で免疫療法は手術、抗がん剤、放射線に次ぐ第4の治療法として地位を確立しつつある。小野薬品工業などの新薬発売を契機に、これまで効果を疑問視してきたがんの専門医にも、積極かつ了する動きができてきた。ただ全ての患者が受けられるわけではなく、一定の副作用のリスクもある。受けるかどうかは主治医とじっくり相談して決めたい。

 がん免疫療法は、体内でよそモノを排除しようとする免疫反応を使い、がん細胞を攻撃する。既存の抗がん剤に比べて吐き気や脱毛などを伴う副作用が少ないとされる。1990年代から徐々に臨床現場で使われるようになった。ただ治療効果は限定的で、製薬会社の臨床試験(治験)でもなかなか成果が出ず、正式な治療法になっていなかった。

 免疫療法の地位が治療現場で飛躍的に向上したのは、昨年9月の小野薬品などによる悪性黒色腫(メラノーマ)向けの治療薬「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)の発売がきっかけだ。近畿大学病院の奥野清隆病院長は「免疫療法の効果を疑う現場の医師の見方が明らかに変わってきた」と話す。

 この薬は国の保険が適用された初めてのがん免疫療法で、点滴で3週間に1回投与する。進行して他の治療が難しい患者に対しても、がん縮小が期待できるという。

 オプジーボはがんを攻撃する免疫細胞の「T細胞」の働きを助ける。がん細胞は成長するにつれて、T細胞の表面にあるたんぱく質PD-1にくっつき、その攻撃を避けて増えていく。投与したオプジーボは、患者のT細胞のPD-1を多い、がん細胞とくっつかないようにして、T細胞のがん攻撃を助ける。>


とのことです。

…がん細胞は

1)転移する際に、抗原提示を行う樹状細胞(マクロファージの仲間)を味方に引き込んで、ヘルパーT細胞に通報されないようにする。

2)制御性T細胞を使って攻撃系免疫細胞の免疫反応を抑制する。

―など免疫の排除機能を巧みに回避することは知っていましたが、キラーT細胞の表面のたんぱく質に直接くっついて、その攻撃を無力化するとはねぇ…これでは攻撃系免疫細胞ががん細胞を征圧できないわけです。

記事に登場する治療薬は、FFに例えるなら「回避」+「貫通」のアビリティを付加するといったところでしょうか。

今後、さらに研究・開発が進み、治療薬+キラーT細胞でがん幹細胞(がん細胞の親玉で、再発を引き起こすといわれています)を制圧するまでに進歩してほしいものです。

【記事の内容】

以下、記事の内容です。

―日本経済新聞 2015年8月6日夕刊―

【がん 免疫療法に脚光―新薬登場、活用の動き】

 がん治療の中で免疫療法は手術、抗がん剤、放射線に次ぐ第4の治療法として地位を確立しつつある。小野薬品工業などの新薬発売を契機に、これまで効果を疑問視してきたがんの専門医にも、積極かつ了する動きができてきた。ただ全ての患者が受けられるわけではなく、一定の副作用のリスクもある。受けるかどうかは主治医とじっくり相談して決めたい。

◇国の保険初適用
 がん免疫療法は、体内でよそモノを排除しようとする免疫反応を使い、がん細胞を攻撃する。既存の抗がん剤に比べて吐き気や脱毛などを伴う副作用が少ないとされる。1990年代から徐々に臨床現場で使われるようになった。ただ治療効果は限定的で、製薬会社の臨床試験(治験)でもなかなか成果が出ず、正式な治療法になっていなかった。

 免疫療法の地位が治療現場で飛躍的に向上したのは、昨年9月の小野薬品などによる悪性黒色腫(メラノーマ)向けの治療薬「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)の発売がきっかけだ。近畿大学病院の奥野清隆病院長は「免疫療法の効果を疑う現場の医師の見方が明らかに変わってきた」と話す。

 この薬は国の保険が適用された初めてのがん免疫療法で、点滴で3週間に1回投与する。進行して他の治療が難しい患者に対しても、がん縮小が期待できるという。

 オプジーボはがんを攻撃する免疫細胞の「T細胞」の働きを助ける。がん細胞は成長するにつれて、T細胞の表面にあるたんぱく質PD-1にくっつき、その攻撃を避けて増えていく。投与したオプジーボは、患者のT細胞のPD-1を多い、がん細胞とくっつかないようにして、T細胞のがん攻撃を助ける。

 他のがんでも、治療効果がある可能性が高い。同社は肺がんの一種でも臨床試験(治験)を終え、厚生労働省へ薬事申請を済ませている。このほか、腎細胞がん、頭頸(けい)部がん、胃がんなどで治験が進む。多くのがんで効果を示せれば、現在の治療をさらに進化させる可能性がある。

◇一定の副作用も
 一方、オプジーボ以外の免疫療法でも治験が進む。兵庫県の50代男性は5年前、悪性脳腫瘍と診断された。がんを切除し、抗がん剤と放射線で治療したが余命は8ヵ月といわれた。そこで、大阪大学で研究中のがん細胞表面に現れるペプチド(たんぱく質の断片)を注射する治療を始めた。その後、再発は見られず、男性は働いている。

 このがん抗原免疫療法は阪大の杉山治夫特任教授らが開発した。ペプチドと呼ぶがんの表面にあるたんぱく質の断片を患者に注射する手法だ。注射によって、T細胞に、攻撃対象のがん細胞を教える樹状細胞の働きが活発になり、治療につながることが分かった。

 これを受け、大日本住友製薬は2011年から順次、白血病や卵巣がん、膵臓がんなどの固形がんに対する第1相の治験を世界で実施した。一部は終了し、第2相の実施を目指している。また、大塚製薬は13年に白血病向けに第2相の治験を始めた。

 現在、がん免疫療法の主な対象は、手術ができず、抗がん剤や放射線などの治療法では効かない患者だ。既存療法と併用する例は少ない。杉山特任教授は「早期に免疫療法を始めて、手術などと併用すれば、再発・転移防止など相乗効果を見込める」と話す。

 副作用が少ないのが利点の1つといわれる免疫療法でも、オプジーボも甲状腺炎などの自己免疫疾患が副作用として起こる例があるなど、十分に分かっていない面も多い。免疫療法はがんの新しい治療法として認知されつつあるものの、発展途上だということも頭に入れておく必要がある。


以上です。

画像
↑、ハルジオンにやってきたウスバシロチョウ・オス(5月撮影)。

↓8月14日19:30現在で1位…ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↓8月14日18:00現在で8位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
にほんブログ村 保険へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

"がんの免疫療法、医療現場での地位が飛躍的に向上。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント