セカンドオピニオン、利用経験がある患者は22.4%にとどまる(厚労省調査)。

10月11日の日本経済新聞・朝刊に、セカンドオピニオンに関する記事がありました。

記事によりますと、

< セカンドオピニオンは米国で始まり、日本では1990年代から導入され始めた。別の医師の意見を聞くことで、患者が納得して治療に望むことができる。関西の病院でがんの手術を受け、東京で治療を続けることになった40代女性は、処方された抗がん剤が異なったため、別の病院で意見を聞いた。いずれも有効と説明され、「抵抗なく使うことができた」という。

 ただ、普及は道半ばだ。国立病院機構は13年までに前143病院に専門外来を整備したが、利用者は約3400人(13年)で5年前の約2割増に過ぎない。厚生労働省が5000人の患者を対象に実施した調査では、セカンドオピニオンを利用した経験がある患者は22.4%にとどまった。>


とのことです。

…先日、乳がんに罹患したことを告白し、乳房切除術を受けた北斗晶さんが、記者会見で「乳房切除」の手術を受ける前に、別の医療機関でご自身のがんに対する外科的治療の意見を仰いだことを明らかにしていましたね。

記事を読む限り、主治医との関係を気にするあまり、彼女のように積極的にセカンドオピニオンを利用できる患者はまだまだ少数のようです。

ちなみに、生命保険会社が投入している医療保険やがん保険には、民間企業が提供しているセカンドオピニオンサービスを利用できるものがあります。

そうした付帯サービスがついている保険に加入されている方は、上手く活用されることをお勧めします。

【記事の内容】

以下、記事の内容です。

―日本経済新聞 2015年10月11日朝刊―

【セカンドオピニオン、「医師へ気兼ね」普及阻む】

 主治医以外から診断や治療方法について意見を聞く「セカンドオピニオン」。各地の病院で専門外来ができるなど体制整備は進むが、利用のハードルは高いようだ。医師への気兼ねや費用などがネックになっている。普及のためには何が必要なのか。

 「紹介状を書いてほしいが、自分では主治医に言い出しにくい」。千葉県がんセンター(千葉市)は8月、「セカンドオピニオンセンター」を開設した。セカンドオピニオンの前段階から、看護師らが相談や仲介にかかわるのが特徴だ。

 がんセンターの患者だけでなく、他の医療機関の患者も対象。開設から1ヵ月で40件の相談があり。浜野公明センター長は「潜在的ニーズが掘り起こされている」と話す。

◇納得いく治療に
  セカンドオピニオンは米国で始まり、日本では1990年代から導入され始めた。別の医師の意見を聞くことで、患者が納得して治療に望むことができる。関西の病院でがんの手術を受け、東京で治療を続けることになった40代女性は、処方された抗がん剤が異なったため、別の病院で意見を聞いた。いずれも有効と説明され、「抵抗なく使うことができた」という。

 ただ、普及は道半ばだ。国立病院機構は13年までに前143病院に専門外来を整備したが、利用者は約3400人(13年)で5年前の約2割増に過ぎない。厚生労働省が5000人の患者を対象に実施した調査では、セカンドオピニオンを利用した経験がある患者は22.4%にとどまった。

◇抵抗感じる医師も
 壁のひとつとしては、医師と患者の関係が指摘される。大阪大学の多田羅浩三名誉教授(公衆衛生学)は「日本では患者外資に意見を言いにくく、信頼関係を壊すとの不安から普及してこなかった」と話す。別の医師を探す負担も大きい。一部には抵抗を感じる医師もいるようだ。医師向け情報サイトのメドピア(東京)が医師約3900人に調査したところ、1割が「セカンドオピニオンを切り出されたら不快に感じる」と答えた。「信頼されていないと感じる」という理由が目立つ。

 米国では主治医が患者にセカンドオピニオンを取得するのか聞くのが当たり前になっている。大阪中央病院健康管理センター(大阪市)の平岡諦顧問は「患者も当然のこととして切り出す土壌ができている」と話す。

 「市民のためのがん治療の会」(東京都国立市)は、同会が窓口となって受けられる有料の仕組みを運営している。がん治療は大きく外科手術、放射線、抗がん剤に分けられる。医師の専門で治療法が決まる場合も多い。「切らなくても治るのに『外科手術しか知らなかった』と悔やんでほしくない」と代表の会田昭一郎さん。

 患者側の意識を見直すことも必要だ。主治医の治療方針が理解できずに他の医師の説明を聞いても納得できる治療につながらない。がん研有明病院(東京・江東)の大野真司乳腺センター長は「まずは主治医のファーストオピニオンを理解することが重要」と話す。


以上です。

画像
↑、薄暗い林道でであったヒカゲチョウ(5月撮影)。

↓10月17日19:00現在で1位…ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↓10月17日18:00現在で19位…下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
にほんブログ村 保険へ

にほんブログ村

"セカンドオピニオン、利用経験がある患者は22.4%にとどまる(厚労省調査)。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント