オリックス生命の第1四半期業績。

8月14日、オリックス生命保険はHPにて、2019年度第1四半期業績を発表*しました。

*詳しくはこちらをどうぞ。
  • 2019年度第1四半期報告

    【管理人の感想】
    1.個人保険の保有契約は堅調に増加

    個人保険の保有契約件数・契約高・年換算保険料は、いずれも前年度期末比で増加していました。また、医療保障・生前給付保障等の保有契約年換算保険料も、前年同期末比で増加していました。

    今季も保有契約は堅調に増加したことがうかがえます。

    2.新契約は死亡保障が不調
    個人保険の新契約件数・契約高・年換算保険料は、前年同期比86.8%、79.7%、88.1%と二桁の落ち込みでした。法人向け保険の新商品販売停止や、既存の法人向け保険の一時販売停止が影響したことは否めないと思います。

    一方、医療保障・生前給付保障等の新契約年換算保険料は、前年同期比104.9%と増加していました。伸び悩んでいましたが、ここにきて回復したようですね。

    16日、引受基準緩和型の医療保険をリニューアルし、給付金の削減期間を廃止(先進医療給付金を除きます)することを発表しました。10月2日よりリニューアルされた保険商品が登場します。どの程度新契約獲得に寄与するか注目ですね。

    【主要業績の内容】
    以下、オリックス生命の主要業績の内容です(上記プレスリリースより抜粋・転載)。

    〇保有契約 ( )は前年度実績
    1)件数

    ・個人保険…432万6000件 (402万9000件)

    ・個人年金保険…12万2000件 (13万1000件)


    2)契約高
    ・個人保険…12兆8354億円 (11兆5810億円)

    ・個人年金保険…5214億円 (6064億円)


    〇新契約
    1)件数

    ・個人保険…12万7000件 前年同期比86.6%

    2)契約高
    ・個人保険…3555億円 前年同期比79.7%

    〇年換算保険料
    1)保有契約 ( )内は前年度実績

    ・個人保険…2805億円 (2521億円)

    ・個人年金保険…558億円 (613億円)

    ・個人保険+個人年金保険…3364億円 (3134億円)

     うち医療保障・生前給付保障等…1758億円 (1536億円)


    2)新契約
    ・個人保険…95億円 前年同期比88.1%

    ・個人保険+個人年金保険…95億円 前年同期比88.1%

     うち医療保障・生前給付保障等…66億円 前年同期比104.9%


    〇保険料等収入、保険金等支払金、当期純利益 ( )内は前年度実績。▲はマイナス
    ・保険料等収入…872億円 前年同期比114%

    ・保険金等支払金…520億円 前年同期比93.2%

    ・当期純利益…▲32億円 (▲62億円)


    〇基礎利益、ソルベンシー・マージン比率 ( )内は前年度実績および数値。▲はマイナス
    ・基礎利益…▲38億円 (▲63億円)

    ・ソルベンシー・マージン比率…1640.6% (1434.4%)



    以上です。

    DSC02808.JPG↑、菜の花にやってきたコミスジ(5月撮影)。

    ↓8月23日19:00現在で8位…アップしました。ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。

    人気ブログランキング

    ↓8月23日19:00現在で3位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
    にほんブログ村
  • "オリックス生命の第1四半期業績。" へのコメントを書く

    お名前
    メールアドレス
    ホームページアドレス
    コメント

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。