第一生命、全商品をオンラインで契約可能に。日経報道。

6月29日の日本経済新聞・朝刊に、第一生命保険についての記事がありました。

記事によりますと、

< 顧客との対面が前提だった大手生命保険の営業が変わる。第一生命保険は今年度中にもスマーフォンなどを使いオンラインで保険契約を結べるようにする。生保の営業職員が一度も客と接触しない営業は大手生保で初の取り組みとなる。新型コロナウイルスの感染拡大で対面販売が難しくなっており、ネットでの販売手法を整える。

 …

 対象商品は死亡保険や貯蓄性の高い終身保険など全保険。約40億円を投じ営業職員にスマホを配り、LINEやビデを会議を使って保険の提案から加入まで完結する体制を整える。客は営業職員と会わなくても、必要な説明を受け、簡単に契約を済ませられる。>


とのことです。

【管理人の感想】
7月3日の時点で、第一生命は報道に関する公式なコメントを出していません。

報道が事実だとすれば、全保険商品の提案から契約締結までをオンラインで完結させるというのは、通販ラインを利用して一部保険商品の非対面募集といった限られた対応を行っている生保にも影響を与えるかもしれません。

ただ、疑問があります。告知扱いの死亡保険はオンライン完結が可能でしょうが、医師扱いとなる死亡保険ではどうするのでしょうかね?

【記事の内容】
以下、日経の記事の内容です。

-日本経済新聞 2020年6月29日朝刊-

【第一生命がオンライン販売 大手生保で初-年度内に全商品】

 

顧客との対面が前提だった大手生命保険の営業が変わる。第一生命保険は今年度中にもスマーフォンなどを使いオンラインで保険契約を結べるようにする。生保の営業職員が一度も客と接触しない営業は大手生保で初の取り組みとなる。新型コロナウイルスの感染拡大で対面販売が難しくなっており、ネットでの販売手法を整える。

 共働き世帯の増加や防犯意識の高まりもあり、生保各社が強みとする企業や家庭への訪問営業は難しくなっている。新型コロナウイルスの感染拡大で対面営業はさらに厳しくなり、第一生命は営業体制の見直しを急ぐ。4万人に営業職員を抱える業界2位の第一生命に追随する動きも出るとみられる。

 対象商品は死亡保険や貯蓄性の高い終身保険など全保険。約40億円を投じ営業職員にスマホを配り、LINEやビデを会議を使って保険の提案から加入まで完結する体制を整える。客は営業職員と会わなくても、必要な説明を受け、簡単に契約を済ませられる。

 第一生命ではLINEでの対話やビデオ会議システムなどを営業職員に義務付ければ、客の実情を踏まえた対応が可能とみる。職員にはビデオ会議による研修を用意するほか、本社が契約手続きをサポートする仕組みも作る。説明資料の電子化やスマホに合わせた契約書類作成にも取り組む。

 大手生保は新型コロナウイルス感染の期間限定で、最終的な契約手続きを郵送や電話で済ませるとしたが、対面営業も残した。オンライン販売を制限するルールはないものの、不適切な契約をなくす狙いもあり、業界として対面営業を原則としてきた。

 この結果、生保のネット契約が新規契約に占める割合は3%にとどまる。銀行や証券はネット取引を積極化。海外でも生保業界が保険契約を非接触で終える取り組みを進め、中国では疾病予防を支援するアプリなどを使う保険事業も出てきた。国内生保もネットを生かした販売手法の多様化を迫られつつある。


以上です。

DSC01363.JPG
↑、カラスノエンドウで、アルファルファタコゾウムシの幼虫を捕食するナナホシテントウ(4月撮影)。

↓7月3日19:30現在で10位…アップしました。ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。

人気ブログランキング

↓7月3日19:00現在で4位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

"第一生命、全商品をオンラインで契約可能に。日経報道。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。