テーマ:医療関連ニュース

肺高血圧症、早期の確定診断と治療開始が大事だそうです。

4月10日の日本経済新聞・夕刊に、肺高血圧症の記事がありました。 記事によりますと、 < 高血圧は体に良くないことが知られているが、心臓から肺に血液を送る肺動脈の血圧が上がる「肺高血圧症」も、息切れや心不全などを引き起こす難しい難病のひとつだ。肺動脈の内側が狭まったり、血栓(血の塊)によってふさがったりして発症する。詳…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

多発性骨髄腫は治療法が進歩して、病気と上手く付き合えるようになってきているようです。

4月3日の日本経済新聞・夕刊に、血液のがんの一種である「多発性骨髄腫」の記事がありました。 記事によりますと、 < 多発性骨髄腫は骨の中にある骨髄で異常な細胞が増える血液のがんだ。腰痛だと思ったらこの病気だったというケースもある。治療の難しい病気のひとつだが、最近は様々な薬が登場するなど治療法も進歩している。専門家は「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原因不明の難病、IgG4関連疾患。

3月20日の日本経済新聞・夕刊に、IgG4関連疾患という病気についての記事がありました。 記事によりますと、 < 「IgG4関連疾患」は膵臓(すいぞう)や目など体のあちこちにこぶができて炎症が起こる病気だ。従来、無関係と思われていた病気で、免疫グロブリン(Ig)というたんぱく質の値が高いという共通点が見つかり、ひとつの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんの治療開始前に精子を保存。ただし、連携など課題が多いようです。

3月13日の日本経済新聞・夕刊に、がんの治療を開始する前に精子を凍結保存することで、将来の不妊を回避する取り組みについての記事がありました。 記事によりますと、 < がん治療に伴って不妊になる恐れがあるのは大人の女性に限らない。だが、男性の不妊治療にあたる独協医科大学越谷病院の岡田弘教授は「がんの治療前に男性患者に将来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんの治療開始前に、卵巣・卵子を凍結保存。将来の不妊回避。

3月6日の日本経済新聞・夕刊に、がん治療と生殖機能についての記事がありました。 記事によりますと、 < 若くしてがんにかかると、治療は成功しても、その後に子供を持つことが難しくなるケースがある。子宮などを切除する女性に限らない。白血病や乳がんで抗がん剤を使う場合などは男女とも該当し、精子・卵子が上手く作れなくなる恐れが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急性骨髄性白血病、治療法が多様化。タイプによっては完治が見込めるまでになっているそうです。

2月20日の日本経済新聞・夕刊に、急性骨髄性白血病についての記事がありました。 記事によりますと、 < 血液のがんである白血病の中で、急速に症状が進むのが急性骨髄性白血病だ。1月に亡くなった元プロ野球選手の大豊泰昭さんもこの病気だった。最初は風邪に似た症状が出ることもある。治療の難しい病気だったが、タイプによっては5年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんに対するIVRが増えてきているそうです。

1月30日の日本経済新聞・夕刊に、がんに対するIVRの記事がありました。 「IVRって?」そう思われる方が多いかと存じます。実は管理人も??です^^; 日本IVR学会の「IVR(アイ・ヴイ・アール)って何ですか?」という解説サイトによりますと、 < IVRはインターベンショナル・ラジオロジー(Interventi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最新の放射線治療、動体追尾IMRT治療。

1月23日の日本経済新聞・夕刊に、京都大学医学部附属病院における最新の放射線治療、動体追尾IMRT治療についての記事がありました。 動体追尾IMRT治療とは、どのような放射線治療なのでしょうか?放射線治療装置を納入した、三菱重工の2013年6月28日付プレスインフォメーションによると、 < 三菱重工業が京都大学医学部附…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高額療養費制度が一部見直されました。

ちょっと古い情報で恐縮です。今月1日から高額療養費制度が一部見直されました*。 *詳しくはこちらをどうぞ。 厚生労働省資料・ご案内「70歳未満の方で、高額な医療費をご負担になる皆さまへ」(平成27年1月1日施行)(PDF) この一部見直しに伴い、70歳未満の方は、それまで3区分(区分A、B,C)だった所得区分が、以下の5区…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腎機能低下を放置しては駄目!!生活習慣改善で発症と悪化を防ぎましょう。

1月16日の日本経済新聞・夕刊に、慢性腎臓病についての記事がありました。 記事によりますと、 < 新たな国民病といわれているのが慢性腎臓病(CKD)だ。血液中の老廃物を取り除く働きを持つ腎臓の機能が低下した状態で、悪化し腎不全になると人工透析を余儀なくされる。心筋梗塞や脳卒中などの発症リスクも高めてしまう。慢性腎臓病は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結核、日本は中蔓延国。

1月9日の日本経済新聞・夕刊に、結核についての記事がありました。 記事によりますと、 < 結核は古くて新しい病気といわれる。かつては不治の病と恐れられたが、現在は薬を飲めば治せるようになった。ただ、日本は「中蔓延国」に分類されている。毎年2万人以上の新しい患者が発生し、年間2000人以上が亡くなっている。症状は風邪と似…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザ、予防接種をしていても油断は禁物。

12月26日の日本経済新聞・夕刊に、インフルエンザと予防接種についての記事がありました。 記事によりますと、 < 例年より3週間ほど早く流行期が始まったインフルエンザ。予防ワクチンを接種したので自分はかからないと安心している人がいるとしたら、それは誤解だ。今シーズンはワクチンを部分的に変更し、効果の改善が期待されている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人の虫垂炎、重症化に要注意。

12月5日の日本経済新聞・夕刊に、虫垂炎についての記事がありました。 記事によりますと、 < 虫垂炎は盲腸という呼び方で知られている。若い人がかかる病気との印象があるが、実際は高齢者まで幅広い年代で発症し、いつなってもおかしくない。ストレスなどによる免疫機能の低下が原因のひとつとも言われている。虫垂炎は他の大腸の病気と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誤嚥性肺炎、口腔ケアで予防。

11月28日の日本経済新聞・夕刊に、誤嚥性肺炎の記事がありました。 記事によりますと、 < 高齢者に多い肺炎のうち、特に注意すべきなのが、最近が唾液や食べ物と一緒に肺に流れ込んで生じる「誤嚥性(ごえんせい)肺炎」だ。70歳以上で肺炎を診断された人の70%以上、90歳以上に限ると約95%が誤嚥性だといわれる。年を重ねると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日常生活での肺炎の約3割は、肺炎球菌が原因。定期予防接種を受けましょう。

11月21日の日本経済新聞・夕刊に、肺炎と予防接種についての記事がありました。 記事によりますと、 < 肺炎は日常生活の中でかかる場合と、病院に入院中に感染してしまう場合、口の中の最近などが誤って肺に入って起こす誤嚥(ごえん)性などに分けられる。一般の生活の中で起こる肺炎のうち、約3割は肺炎球菌が原因だ。  肺炎…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

レビー小体型、認知症の約2割。

11月7日の日本経済新聞・夕刊に、認知症のひとつである「レビー小体型認知症」についての記事がありました。 記事によりますと、 < ボーっしたり物忘れが酷くなったりして「認知症かな」と不安になる人は多いだろう。アルツハイマー病がよく知られるが、実は認知症の約2割は「レビー小体型」とみられる。発症の10年以上も前から、睡眠…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

B型肝炎、最近は性交渉での感染例が目立つ。

10月31日の日本経済新聞・夕刊に、B型肝炎についての記事がありました。 記事によりますと、 < C型と並ぶ慢性肝炎であるB型は、母子感染の予防が徹底された半面、大人が性交渉によって感染する例が最近目立つ。同じB型でもウイルスの遺伝子型が従来と異なるタイプも増えている。がん治療などの際に体内に潜んでいたウイルスが再び活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

C型肝炎治療に新薬登場。

10月24日の日本経済新聞・夕刊に、C型肝炎治療の新薬に関する記事がありました。 記事によりますと、 < C型肝炎の新治療薬が9月に発売された。「ダグラタスビル塩酸塩(一般名)」と「アスナプレビル(同)」という2つの飲み薬で、一緒に服用する。通常使われる「インターフェロン」は効果が期待できる半面、副作用の懸念も強い。新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前立腺がんの治療に、新たなホルモン剤が登場。

9月26日の日本経済新聞・夕刊に、前立腺がんの治療に用いられる、新しいホルモン剤についての記事がありました。 記事によりますと、 < 食の欧米化や高齢化の進展などから日本人男性でも急増している前立腺がんに新たな治療薬が相次いで登場した。転移や再発で症状が進み、男性ホルモンを抑える治療が効かなくなった患者向けだ。これまで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

目の動脈硬化「網膜静脈閉塞症」―目がかすんだり、視野の一部が欠けたりするなどの症状。

9月12日の日本経済新聞・夕刊に、目の動脈硬化によって発症する「網膜静脈閉塞症」についての記事がありました。 記事によりますと、 < 動脈硬化は心臓や脳の病気をもたらす。実は、目でも動脈硬化は起きており、網膜にある静脈で血液が流れにくくなってしまう。その結果、目がかすむ、視野の一部が欠ける、急激に視力が落ちるといった症…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

便失禁、最近は治療法選択の幅が広がっているそうです。

9月5日の日本経済新聞・夕刊に、便失禁についての記事がありました。 記事によりますと、 < 大便が本人の意思に反して漏れてしまう便失禁は、生命には直接かかわらないものの生活の質を大きく低下させる。国内に500万人以上の患者がいるとみられるが、恥ずかしさから受診をためらって、病気を抱えたままの人も多いという。体内に埋め込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

靭帯の骨化、異変を感じたら早めに対処。

8月29日の日本経済新聞・夕刊に、黄色靭帯骨化症などについての記事がありました。 記事によりますと、 < 背骨をつなぐ靭帯が骨のように硬くなると、中枢神経の脊髄を圧迫する。手足などに痺れが出て、やがて歩きにくくなる。プロ野球・楽天の星野仙一監督が今年5月に診断された「黄色靭帯骨化症」もその一種だ。手術である程度の改善が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

咽頭がん、喉頭がん。患者の9割は男性。

8月22日の日本経済新聞・夕刊に、咽頭がんや喉頭がんについての記事がありました。 記事によりますと、 < 咽頭がんや喉頭がんは、音楽家の坂本龍一さんや落語家の林家木久扇さんが発症したことで注目されている。いずれも喉の奥に出来るがんで、患者の9割は男性だ。タバコや酒を好む人に多い。最近ではウイルス感染が原因となるケースも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大動脈解離(解離性大動脈瘤)は、できるだけ予防に努めることが大切だそうです。

8月8日の日本経済新聞・夕刊に、大動脈解離(解離性大動脈瘤)についての記事がありました。 記事によりますと、 < 大動脈は体の中で最も太い血管で、心臓から送り出された血液はここを通って全身に行き渡る。この血管が裂けてしまう病期が大動脈解離だ。発症すると直ちに救急車を呼んでも、病院に運ばれる前に亡くなるケースも多い。この…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

乳がん、子宮頸がん、子宮体がん―検診と早期治療だけではなく、就労面のサポートも大事。

7月18日の日本経済新聞・夕刊に、女性特有のがんについての記事がありました。 …記事が取り上げているのは「乳がん」「子宮頸がん」「子宮体がん」で、検診や治療方法、就労面での不安を相談できる場所なども書かれています。 よく、乳がんは早期発見をすれば…と聞きます。検索したところ病期0(非浸潤乳がん)の段階で発見し、取りきってしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性の更年期障害と甲状腺疾患、正しい知識を持ってケアすることが大切だそうです。

7月11の日本経済新聞・夕刊に、女性の更年期障害と甲状腺疾患についての記事がありました。 …記事が取り上げているのは、「更年期障害」「バセドウ病」「橋本病」です。 記事によると、甲状腺疾患はホルモンの異常が関係し、更年期に出る症状と似ている部分も多く、見分けがつきにくいため的確な治療を始めるのが遅れる人もいるそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月経困難症は我慢せずに早めに治療を受けることが大切。

7月4日の日本経済新聞・夕刊に、月経困難症についての記事がありました。 記事によりますと、 < 月経時に腹痛や頭痛、吐き気などの症状があるのが月経困難症だ。月経のある3人に1人は痛みが強いといわれている。毎月、体の不調が出てくるため、働く女性にとって厄介な病気のひとつだ。  東京大学の大須賀穣教授は「月経困難症は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

糖尿病の治療を中断した人は、50歳未満の働く男性に多いそうです。

6月27日の日本経済新聞・夕刊に、糖尿病に関する記事がありました。 記事によりますと、 < 糖尿病は患者とその可能性のある人を合わせると2000万人を超える国民病だ。しかし、痛みなどの症状に直面していないからと、通院をやめ治療を中断する例も目立つ。そのまま放置すれば静かに進行し、重症化して視力が低下したり腎臓の機能が下…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

脳震盪を起こしたらすぐに運動を中断し、肉体的に精神的にも休養しましょう。

6月15日の日本経済新聞・夕刊に、脳震盪の記事がありました。 記事によりますと、 < スポーツを楽しむ際に注意しなくてはならないのがケガ。特に脳へのダメージは危険性が高い。その代表例が脳震盪で、死亡や重い後遺症を招くこともある。脳震盪(しんとう)を起こしたら直ちに運動をやめるなど、正しい知識を持って適切に対応することが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

若い世代に梅毒が増加中。

5月23日の日本経済新聞・夕刊に、梅毒についての記事がありました。 記事によりますと、 < 性感染症のひとつである「梅毒」が若い世代を中心に増えている。きちんと治療すれば治る病気だが、妊婦が感染した場合、生まれた子供に障害が出たりするケースもある。早めに治療を受ければ、感染拡大の防止につながるので、専門家は「恥ずかしが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more