テーマ:医療関連ニュース

がんに対する中性子捕捉療法、治験や研究進む。

11月5日の日本経済新聞・朝刊に、がんに対する中性子捕捉療法の記事がありました。 記事によりますと、 < 膵臓や小児といった難治性のがんで、放射線を強く出す薬剤を使い治療効果を高める研究が相次いでいる。これまではがん細胞を叩くのに十分な強さを持った放射線を出すのが難しかったが、東京大学などは薬剤を新たに開発し、動物実験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん治療、新たな「標的分子」を探索する研究加速。

10月8日の日本経済新聞・朝刊に、がんの免疫チェックポイント阻害剤にとって肝心な、「標的分子」に関する記事がありました。 記事によりますと、 < 体内に備わる免疫の力を利用してがんを叩く「がん免疫薬」で、標的となる分子を探索する研究が加速している。京都大学の本庶佑特別教授らが免疫のブレーキ役となる分子を突き止めてノーベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん治療においても運動器ケアが重要。

9月19日の日本経済新聞・夕刊に、がん治療における運動器ケアの重要性を取り上げた記事がありました。 記事によりますと、 < 国民の二人に一人は生涯で一度はがんと診断される時代。がんと闘いながら仕事を続けたり日常生活を送る上で、「立つ」「歩く」といった運動機能を維持することが重要だ。がんの治療によって筋力低下を招くことも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

差額ベッド代は「患者の自由な選択と同意」が大前提。

6月30日の日本経済新聞・朝刊に、差額ベッド代に関する記事がありました。 記事によりますと、 < 差額ベッド代は本来「患者の自由な選択と同意が大前提」(厚労省)。病院が患者に病室の構造や料金を説明した上で、患者が納得し同意書に署名をする必要がある。  しかし現実にはそうではない請求も多く、トラブルになってきた。長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんの免疫チェックポイント阻害剤、併用療法の開発進む。

5月6日の日本経済新聞・朝刊に、抗がん剤の一種である、免疫チェックポイント阻害剤に関する記事がありました。 記事によりますと、 < 効果の高さからがん治療に革命を起こしたといわれるがん免疫薬。新薬の開発に加え、他の薬と一緒に投与して効果を高める「併用療法」の開発が活発になっている。単独では投与した患者の2割ほどしか聞か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立がん研究センター中央病院の、がんゲノム医療が先進医療として実施開始。

4月9日、国立がん研究センター中央病院のがんゲノム医療が、先進医療Bとして実施を始めました*。 *詳しくはこちらをどうぞ。 4/3・プレスリリース 国立がん研究センター中央病院 がん関連遺伝子を網羅的に調べる遺伝子検査を先進医療で実施 ついに日本でもがんゲノム医療が先進医療としての実施が始まりましたね。これにより、一部保険…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんに対する免疫療法、その研究は100年を超える歴史。

1月28日の日本経済新聞・朝刊に、がんに対する免疫療法に関する記事がありました。 記事によりますと、 < ウイルスや細菌などの病原体から身を守る免疫の仕組みを利用する「がん免疫療法」が注目されている。免疫をがん治療に生かす研究は100年を超す歴史があるが、科学的に治療効果を認められたものはほとんどなく、これまでは異端視…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国で承認されたCAR-T細胞療法、高い効果と価格。

12月8日の日本経済新聞・朝刊に、米国で承認されたB細胞性急性リンパ芽球性白血病に対する、新たな免疫細胞療法に関する記事がありました。 記事によりますと、 < 米国で承認された「遺伝子改変T細胞療法」と呼ばれる新しいがんの治療法が注目を集めている。血液のがんの一種を対象にした地検では1回の点滴で7~9割の患者で体内から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

依存症(アルコール、ニコチン)治療に新手法登場へ。

10月16日の日本経済新聞・夕刊に、アルコール依存症とニコチン依存症の治療における、新手法の記事がありました。 記事によりますと、 < 飲酒やたばこなど成功率が低い依存症の治療を変える新たな手法が登場しそうだ。大塚製薬は年内にアルコール依存症治療薬の製造販売承認を申請する。断酒ではなく欧米で普及する減酒治療を目的とした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

免疫チェックポイント阻害剤の登場でがん治療の現場は一変。

7月17日の日本経済新聞・朝刊に、抗がん剤のひとつ「免疫チェックポイント阻害剤」に関する記事がありました。 記事によりますと、 < がんの免疫薬「オプジーボ」が約3年前に登場してから、がんの治療現場は一変した。治療の手立てがなかった進行がんの患者でも、がんが劇的に縮小した報告が相次ぎ、効果の出る患者では長期生存の期待が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

骨粗鬆症の治療薬の副作用で顎の骨が壊死することも。

7月3日の日本経済新聞・朝刊に、骨粗しょう症やがんの骨転移に対する治療薬として用いられている、「ビスホスホネート製剤」の副作用に関する記事がありました。 記事によりますと、 < 骨粗しょう症やがんの骨転移の治療に使う「ビスホスホネート製剤」という薬の副作用によって、顎の骨が壊死(えし)する患者が増えている。発症はまれだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんに対する放射線治療の一つ、「新しいRI内用療法」への対応が遅れているそうです。

5月1日の日本経済新聞・朝刊に、がんに対する放射線治療の一つ、「内用療法」に関する記事がありました。 記事によりますと、 < 放射性物質を体内に投与し、その放射線でがんを治療する「内用療法」が海外に比べて立ち遅れている。専用設備での厳重な管理が負担となり、近年、不採算とみて取りやめる病院が出ているためだ。学会や患者らが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慢性痛…「治らない」と諦めずにペインクリニックを受診しましょう。

12月22日の日本経済新聞・夕刊に、慢性痛とペインクリニックに関する記事がありました。 記事によりますと、 < 医師にどこも悪くないと言われる、検査でも異常が見つからない―にもかかわらず3ヵ月以上痛みが続くようなら、それは「慢性痛」だ。どうせ治らないと諦める前に、痛み治療が専門のペインクリニックを受診してはどうだろう。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新しい抗がん剤「免疫チェックポイント阻害剤」。

11月6日の日本経済新聞・朝刊に、新しい抗がん剤「免疫チェックポイント阻害剤」についての記事がありました。 記事によりますと、 < 「免疫チェックポイント阻害剤」という新薬が、がん治療を大きく変えるかもしれない。従来のようにがんを直接攻撃するのではなく、体内の異物を除く免疫の働きを利用する。ほかの治療法がない患者の一部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

65歳以上のがん患者に対する積極的な化学療法と、緩和ケア重視の延命効果を比較検証へ。

10月10日の日本経済新聞・朝刊に、65歳以上のがん患者に対する治療とその延命効果の検証に関する記事がありました。 記事によりますと、 < 国立がん研究センターと経済産業省は、高齢の患者に対する治療について、薬剤など治療法の違いでどれくらいの延命効果があったかを比べる検証を始める。抗がん剤を積極的に使った場合と、苦痛を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帯状疱疹、水痘ワクチンで予防しましょう。

5月8日の日本経済新聞・朝刊に、帯状疱疹に関する記事がありました。 記事によりますと、 < 激しい痛みを伴う帯状疱疹は、体の奥に潜んでいた水ぼうそうウイルスが再活性化して発症する。厚生労働省は、水痘ワクチンの効果・効能に「50歳以上の帯状疱疹の予防」の追加を承認した。ワクチン接種により健康被害が生じた場合、公的な救済措…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県立がんセンターの、手術支援ロボットダ・ヴィンチによる胃がん手術が先進医療に認定される。

少々前のローカルネタで恐縮です。 2月18日、埼玉県伊奈町にある埼玉県立がんセンターは、同センターにおける手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」を用いた胃がん手術(内視鏡下胃切除術)が先進医療に認定されたことを発表*しました。 *詳しくはこちらをどうぞ。 報道発表資料 本県初・手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」による胃がん手術が先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児腫瘍に対する陽子線治療などに保険適用決定!!。

1月20日の中央社会医療保険協議会(中医協)において、小児腫瘍に対する陽子線治療などへの保険導入が決定されました。 このことについて、21日付の日本経済新聞・朝刊は以下のように報じています。 < 厚生労働省の諮問機関、中央社会医療保険協議会は20日、がん粒子線治療のうち小児がんの陽子線治療と、手術が難しく骨や筋肉などに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

粒子線治療(陽子線治療、重粒子線治療)に対し、保険導入の対象案が示される。

1月14日の厚生労働省・先進医療会議において、粒子線治療(陽子線、重粒子線治療)に対し、保険導入の対象案が示されました。 このことについて、15日付の日本経済新聞・朝刊は以下のように報じています。 < 厚生労働省の先進医療会議は14日、医療費の一部で保険適用が認められる先進医療のがん粒子線治療について、症にがんのよう支…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加速器を用いたBNCT、月内に最終治験開始。

1月11日の日本経済新聞・朝刊に、加速器を用いたホウ素中性子補足療法(BNCT)についての記事がありました。 記事によりますと、 < 住友重機械工業と医薬品開発のステラファーマ(大阪市)、大阪医科大学などは次世代のがん放射線治療法として期待される「ホウ素中性子補足療法(BNCT)」の最終治験を月内に始める。中性子を使い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳がんの早期発見に向けて…。

12月27日の日本経済新聞・朝刊に、乳がんと乳がん検査に関する記事がありました。 記事によりますと、 < 乳がんはごく早期に発見すれば、9割程度は再発しないといわれている。国はこれまでマンモグラフィー(乳房エックス線検査)などを推奨してきたが、日本人は40代でも乳腺が発達している人が多く、マンモグラフィーでは見つけにく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男性を中心に、高齢者のアルコール依存症の問題が深刻化。

10月15日の日本経済新聞・夕刊に、アルコール依存症についての記事がありました。 記事によりますと、 < 男性を中心に高齢者のアルコール依存症の問題が深刻になっている。定年退職や配偶者との死別をきっかけに酒量が増え、依存症に陥るケースが多い。若いときと違って、高齢者では認知症や体の衰えにつながる危険もあり、家族の負担も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セカンドオピニオン、利用経験がある患者は22.4%にとどまる(厚労省調査)。

10月11日の日本経済新聞・朝刊に、セカンドオピニオンに関する記事がありました。 記事によりますと、 < セカンドオピニオンは米国で始まり、日本では1990年代から導入され始めた。別の医師の意見を聞くことで、患者が納得して治療に望むことができる。関西の病院でがんの手術を受け、東京で治療を続けることになった40代女性は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療現場で「アドバンス・ケア・プランニング」という取り組みが始まっているそうです。

9月13日の日本経済新聞・夕刊に、「アドバンス・ケア・プランニング」という取り組みについての記事がありました。 記事によりますと、 < 将来の治療方針を患者・家族と話し合う「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」と呼ばれる取り組みが医療現場で始まっている。意思決定が難しくなる場合に備えて自分の希望を考えてもらう取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

C型肝炎の治療薬に新薬登場。高い治療効果。治験では157人の患者全てからウイルス消滅。

8月30日の日本経済新聞・夕刊に、同26日付で保険適用が決まった、C型肝炎治療の新薬などに関する記事がありました。 記事によりますと、 < 「いつから使えるようになるのか」。7月に厚生労働省が製造販売を承認した米ギリアド・サイエンシズの「ハーボニー」について、肝炎患者の団体には、こんな問い合わせが相次いでいる。ハーボニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

煙草は万病の元。肺がんだけでなく、膀胱がんや糖尿病との関連性もあり。

8月20日の日本経済新聞・夕刊に、喫煙と生活習慣病の関連性に関する記事がありました。 記事によりますと、 < 国立がん研究センターのがん予防・検診研究センター予防研究部のメンバーが中心となり、がんと生活習慣病などとの関連性が調べられている。日本人を対象とした疫学研究の充実などを踏まえ、7月に喫煙とがんの関連性を約10年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんの免疫療法、医療現場での地位が飛躍的に向上。

8月6日の日本経済新聞・夕刊に、がんに対する免疫療法の記事がありました。 記事によりますと、 < がん治療の中で免疫療法は手術、抗がん剤、放射線に次ぐ第4の治療法として地位を確立しつつある。小野薬品工業などの新薬発売を契機に、これまで効果を疑問視してきたがんの専門医にも、積極かつ了する動きができてきた。ただ全ての患者が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長引く空咳、ひょっとしたら「咳喘息」かも。

7月12日の日本経済新聞・朝刊に咳喘息の記事がありました。 記事によりますと、 < 夜になると咳き込んで眠れない日が続き不安になる人が増えている。ひょっとすると「咳喘息」と呼ぶ聞き慣れない病気かもしれない。治療を受けないと、本格的な喘息に進む恐れがあるので、早めに専門医を受診し、治療を受けることが大切だ。花粉症などアレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリン体、体内で作られる割合が全体の7割。

6月6日の日本経済新聞・プラスワンに尿酸値とプリン体に関する記事がありました。 記事によりますと、 < 春の健康診断で「尿酸値が高い」と指摘を受けた人はいないだろうか。血液1デシリットル中の尿酸値が7ミリグラムを超える状態を「高尿酸血症」と呼び、中高年だけでなく30歳代でも増えている。高くてもすぐ不調が出にくいため、何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ばね指」、スマホの使いすぎも発症につながるそうです。

4月24日の日本経済新聞・夕刊に、「ばね指」の記事がありました。 記事によりますと、 < 指の使いすぎなどで起こる腱鞘(けんしょう)炎は痛みを伴う。さらに曲げ伸ばししにくくなると「ばね指」と呼ぶ状態になる。指を伸ばしたときにばねのようにはじけるため、その名がついた。従来は重いものを頻繁に持ち上げる人に多かったが、最近は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more