テーマ:介護について

要介護度の認定方法を巡り、混乱が起きているそうです。

4月7日の日本経済新聞・夕刊に、公的介護保険の要介護度の認定方法についての記事がありました。 記事によりますと、 < 介護保険の要介護度の認定方法を巡って混乱が起きている。利用者が受けられるサービスの必要性を決めるのが要介護度認定。厚生労働省は「簡素化、公平化を目指す」として仕組みを変更したが「軽度になりがち」との現場…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ケア付き適合高齢者専用賃貸住宅」が広がってきたそうです。

3月4日の日本経済新聞・夕刊に、ケア付き適合高齢者専用賃貸住宅についての記事がありました。 記事によりますと、 < 高齢者向け集合住宅の新制度に介護を組み合わせた「ケア付き適合高齢者専用賃貸住宅(適合高専賃)」が広がってきた。ひとり暮らしや老老介護が増えて自宅療養が難しくなるなか、有料老人ホームや高齢者施設とも違う新た…
トラックバック:5
コメント:5

続きを読むread more

認知症の診療拠点、整備進まず。

12月2日の日本経済新聞・朝刊に、認知症疾患医療センターについての記事がありました。 記事によりますと、 < 厚生労働省が認知症治療の拠点として今年度中に150ヵ所の整備を目指す「認知症疾患医療センター」の指定が13ヵ所にとどまる見通しであることが1日、同省の調査でわかった。人材確保難や財政難のほか、同相が昨年度に前身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護を受ける高齢者への虐待に歯止めかからず。背景にあるのは家族の孤立、介護サービスの行き詰まり。

11月17日の日本経済新聞・朝刊に、在宅で介護を受ける高齢者への虐待についての記事がありました。 記事によりますと、 < 在宅で介護を受ける高齢者への虐待に歯止めがかからない。背景にあるのは介護にあたる家族の孤立。厚生労働省も今年から11月11日を「介護の日」に制定、地域が一体となって解決を目指す先進的取り組みも始まっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

認知症ケアの切り札・「グループホーム」の狭き門―総量規制で新設数急減。

8月18日の日本経済新聞・夕刊に、認知症ケアのための施設である、グループホームの現状などを取り上げた記事がありました。 記事によりますと、 < 認知症への理解が進んできた割に、介護保険でのサービスは広がっていない。その代表がグループホーム。認知症ケアの切り札といわれながら、新設数が急減している。今後、首都圏を中心に認知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「患者の旅行」を支援する取り組みが広がっています。

ちょっと前の情報ですが、6月8日の日本経済新聞に、障害がある人に配慮したツアーを企画するなど、広がりをみせる「患者の旅行」を支援する取組みについての記事がありました。 記事によりますと、 ①酸素ボンベなどを使って呼吸を補う「在宅酸素療法」が必要な人は、慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)や肺がんの患者を中心に全国に約13…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

有料老人ホームの中身に変化―「住宅型有料老人ホーム」が急増。

1月11日の日本経済新聞・夕刊に、有料老人ホームの動向に関する記事がありました。 記事によりますと、 〈 有料老人ホームの中身が変わってきている。これまで主流だった「介護付き有料老人ホーム」に代わって「住宅型有料老人ホーム」が急増。両者は介護保険からのサービスの利用法ががらりと違う。保険外介護サービスの費用負担があいまいであ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

認知症の告知―分かれる意見。

9月16日の日本経済新聞に、認知症の告知についての記事がありました。 記事によりますと、 〈 認知症の告知の是非を巡り、患者の知る権利を重視する“積極派”と、患者に与える精神的負担や治療への支障を懸念する“慎重派”の間で論争が起きている。治療法が限られる認知症では、告知を受けても治療法選択の余地はほとんどなく、傷付き戸惑う患…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

自宅での介護が困難な時の選択肢・高齢者専用の賃貸住宅。

7月30日の日本経済新聞・夕刊に、ケア付き高齢者専用賃貸住宅についての記事がありました。 記事によりますと、 ①ケア付き高齢者専用賃貸住宅(高専賃)は賃貸契約なので、通常、敷金2ヵ月、礼金1ヵ月、前家賃1ヵ月程度で入れる。初期費用は30万~50万円程度。「ケア付き」なら、介護など有料老人ホームと変わらぬサービスを提供するとこ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

介護保険や国民健康保険の住所地特例。

7月2日の日本経済新聞・夕刊に、介護保険や国民健康保険の“住所地特例”についての記事がありました。 …記事を読む限り、住所地特例とは、 高齢者向け施設がある自治体の支出ばかりが膨らむことを抑制するために、高齢者施設に入居する人については、そこに入る前の住所地の国民健康保険や介護保険に加入する。 という仕組みのようです。…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

介護の問題②

日本経済新聞10月27日夕刊に、家族と暮らしている高齢者が抱える問題点についての記事がありました。 以下、記事の抜粋です。 [浮かび上がる孤食・栄養偏り生活習慣病招く]  日常の暮らしの状況を反映するのが、食事の風景。各種調査では、家族と同居していても、一人で食べる高齢者の「孤食」の実態が浮き彫りになっている。  生協総…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

介護の問題①

日本経済新聞10月27日夕刊に介護の問題を取り上げた記事を見つけました。 この記事を読む限りでは、「日本はまだまだ、介護のことが不十分な国だな」と思わずにはいられませんでした。 以下、記事の抜粋です。 [高齢者・同居でも独居]  一人暮らしに比べ、家族と同居している高齢者は安心、と周囲から思われがち、しかし家族仲の悪さや互い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more