テーマ:お金の話

外貨建保険は投資運用を主目的とした商品?

11月10日の日本経済新聞・朝刊に、金融機関窓口で取り扱っている、外貨建一時払終身保険についての記事がありました。 記事によりますと < 退職金などのまとまったお金で貯蓄性の外貨建保険を契約する人が増えている。米ドル、豪ドルといった外貨で保険料を一時払する商品の市場規模は年間3兆円。保険というより運用商品ととらえ、為替…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

差額ベッド代は「患者の自由な選択と同意」が大前提。

6月30日の日本経済新聞・朝刊に、差額ベッド代に関する記事がありました。 記事によりますと、 < 差額ベッド代は本来「患者の自由な選択と同意が大前提」(厚労省)。病院が患者に病室の構造や料金を説明した上で、患者が納得し同意書に署名をする必要がある。  しかし現実にはそうではない請求も多く、トラブルになってきた。長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立がん研究センター中央病院の、がんゲノム医療が先進医療として実施開始。

4月9日、国立がん研究センター中央病院のがんゲノム医療が、先進医療Bとして実施を始めました*。 *詳しくはこちらをどうぞ。 4/3・プレスリリース 国立がん研究センター中央病院 がん関連遺伝子を網羅的に調べる遺伝子検査を先進医療で実施 ついに日本でもがんゲノム医療が先進医療としての実施が始まりましたね。これにより、一部保険…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マルチ商法による投資斡旋という不祥事案。

先週、弊社が取り扱っている某外資系生命保険より、全代理店宛に以下の通知がありました。 【マルチ商法投資斡旋に関する苦情申出の複数件発生について】  2017年10月度に入り、お客様から、当社の募集人からD9Clubやsener(セナー)等への投資勧誘が行われ、投資後、約束どおりの配当が支払われなくなったことに対する苦情のお申し出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高額療養費制度が一部見直されました。

ちょっと古い情報で恐縮です。今月1日から高額療養費制度が一部見直されました*。 *詳しくはこちらをどうぞ。 厚生労働省資料・ご案内「70歳未満の方で、高額な医療費をご負担になる皆さまへ」(平成27年1月1日施行)(PDF) この一部見直しに伴い、70歳未満の方は、それまで3区分(区分A、B,C)だった所得区分が、以下の5区…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「がんによる収入減少・途絶」というリスク

11/14日(金)23:00~23:30に放送されたNHKのニュース番組で、がん患者の就労支援について取り上げていました。 この番組をご覧になった方も多いかと存じます。 今回のこの番組を見た感想について述べてまいります。 【11/14(金)23:00~23:30に放送されたNHK NEWS WEBの感想】 1がん患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住友生命、粒子線治療を対象とした「先進医療給付金の医療機関への接支払い」の対象医療機関を拡大。

9月8日、住友生命保険はHPにて、同社が行っている粒子線治療を対象にした、「先進医療給付金の医療機関への直接支払い」の対象医療機関拡大を発表*しました。 *詳しくはこちらをどうぞ。 9/8・ニュースリリース 先進医療給付金の医療機関あて直接支払いサービス対応医療機関拡大のお知らせ(PDF) 【管理人の感想】 1.新たに対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

傷病手当金の支給基準が見直される?

6月21日の日本経済新聞・朝刊に、公的保障のひとつである、傷病手当金に関する記事がありました。 記事によりますと、 < 厚生労働省は、ケガや病気で仕事を休む社員に企業の健康保険から支給する「傷病手当金」について、過剰な支給分を削減する検討に入った。今は休業直前の給与額の3分の2を支給するが、休業直前に給与を倍以上に上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リビングニーズ特約保険金は課税対象になるケースもあります。

8月28日の日本経済新聞・朝刊に、リビングニーズ特約保険金が課税対象になるケースについて解説していました。 記事に登場する、税理士・柴原一氏の解説によりますと、 < 保険金に税金はかかりません。ただ受け取り方によっては後で相続税を課税される可能性があります。保険金を使いきれないうちに本人が亡くなると、残額は相続財産とな…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

納骨堂や合葬墓を選ぶ人がじわり増加しているそうです。

8月13日の日本経済新聞・夕刊に、お墓の引越し「改葬」の選択の一つとして、納骨堂や合葬墓について取り上げた記事がありました。 記事によりますと、 < 個別の墓ではなく、寺など骸骨をまとめて管理する納骨堂や合葬墓を選ぶ人はじわり増えている。供養・仏事の調査・相談業務を手がける鎌倉新書(東京・中央)の12年の顧客調査では、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お墓の引越し「改葬」…費用が300万円を超えることもあるそうです。

8月6日の日本経済新聞・夕刊に、お墓の引越し「改葬」についての記事がありました。 記事によりますと、 < 改葬は基本的に墓の使用者が自由にできる。ただ、新しい墓を確保して、元の墓から遺骨を移せば済む話ではない。一度埋葬した遺骨を勝手に動かすのは法律違反。そのため役所や墓の管理者に許可を得る手続きが必要になる。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陽子線治療装置が注目されているそうです。

6月21日の日本経済新聞・夕刊に、陽子線治療についての記事がありました。 【管理人の補足など】 1.実施先医療機関 陽子線とは、放射線の一種で水素原子核を加速したものです。 陽子線治療は、現在、先進医療に認定されており、日経の記事に登場する兵庫県立粒子線医療センターを含め、以下の医療機関で治療を受けることができます(6/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万一の費用は「葬儀」「墓」「遺品整理」の単純計算額412万9000円が一つの目安だそうです。

6月12日の日本経済新聞・朝刊に、「葬儀費用」など、いわゆる万が一のときの費用についての記事がありました。 …日本経済新聞は記事で「葬儀」「墓」「遺品整理」を取り上げ、葬儀と墓の平均費用、一人暮らしで最も多い2間+台所の遺品整理費用を単純に合算した412万9000円が、一つの目安であるとしています。 ただ、葬儀費用やお墓の費…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日経さん、学資保険は「貯蓄」ではなく「保障」ですよ。

1月16日の日本経済新聞・朝刊に、学資保険についての記事がありました。 【管理人の感想】 1.学資保険は「貯蓄」ではなく「保障」です。 主な学資保険として、明治安田生命が発表した学資保険の新商品、ソニー生命保険の学資保険、アフラックの学資保険、富国生命保険の学資保険、かんぽ生命保険の学資保険、日本生命保険の学資保険―が登場して…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

損害保険で住宅を修理することを勧める業者とのトラブルが増加中。

12月6日、国民生活センターはHPにて、「保険金の範囲内で修理をする」と勧誘する住宅修理業者に関する相談が増加している、と発表*しました。 *詳しくはこちらをどうぞ。 12/6・発表情報 「保険金が使える」という住宅修理サービスの相談が増加!―解約料として保険金の50%を請求されたり、代金を前払いしたのに着工されないことも― …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療費の「自費」は具体的な内容を示し、患者の合意を得るのが大前提。

11月14日の日本経済新聞・朝刊に、差額ベッド代などの医療費の「自費」に関する記事がありました。 記事によりますと、 < 病院や診療所で治療を受けるとき、患者は健康保険などの保険証さえあれば、かかった費用の1~3割を負担するだけでよいはず。ところが実際には、それ以外の支払いを求められることがある。どんなときなのか。仕組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先進医療として承認されたブラッドパッチ療法。自己負担費用は1万8000円。

今回は、今年5月17日に先進医療として承認された、「脳脊髄液漏出症に対するブラッド・パッチ療法」の適応症例や、先進医療にかかる費用(自己負担費用)についての資料*を見つけたので取り上げます。 *詳しくはこちらをどうぞ。 厚生労働省 先進医療専門家会議 第64回資料「別紙1」 1.適応症例は? 先進医療として承認されたブラ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

一時払い終身保険は、預金の代替手段ではないと何度言ったら…

5月30日の日本経済新聞・朝刊に、銀行窓口で取り扱っている一時払い終身保険についての記事がありました。 記事によりますと、 < 保険、投資信託、外貨預金―。銀行の窓口に行けば色々な金融商品を選べる時代になってきた。低金利が続く中、いずれも円預金よりも高い「利息」が付くことをアピールする。ただ、銀行で扱う商品でも預金とは…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あんしん生命が、がんに関する意識調査の結果を発表しました。

5月14日、東京海上日動あんしん生命保険はHPにて、がんに関する意識調査の結果を発表*しました。 *詳しくはこちらをどうぞ。 5/14・プレススリリース 20歳から59歳までの1032名に聞いた「“がん”に関する意識調査」(PDF・こちらは調査概要となっています) 健康・長生き学園 がんに関する意識調査(PDF・こちらは詳…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

607億円…凄い額のお金が眠っていたものです。

5月12日の日本経済新聞・朝刊に、郵貯・簡保のいわゆる「睡眠貯金」についての記事がありました。 記事によりますと、 < 郵政民営化前に集められた定額郵便貯金や簡易生命保険のうち、長期間放置され、利用者の権利が消滅した「睡眠貯金」などが独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構に積み立てられ、契約607億円あまりがあまっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

法人契約のがん保険(終身タイプ)の保険料取り扱い改正通達が出ました。

前回の続きです。 4月27日、国税庁は「法人契約のがん保険(終身タイプ)」の保険料取り扱いを改正する通達を出しました*。 *詳しくはこちらをどうぞ。 法人が支払う「がん保険」(終身保障タイプ)の保険料の取扱いについて(法令解釈通達) (PDF) 「法人契約の『がん保険(終身保障タイプ)・医療保険(終身保障タイプ)』の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3/23、関東財務局がAIJ投資顧問に対し登録取消しの処分を行いました。

すでに報道でご存知の方も多いかと存じます。3月23日、関東財務局は、企業年金基金からの受託資産の大半を毀損させたAIJ投資顧問に対して、登録取消しと業務改善命令の処分を行うとともに、AIJ投資顧問傘下のアイティーエム証券会社に対し、6ヵ月(3/23~9/22)の業務停止命令の処分を行いました*。 *詳しくはこちらをどうぞ。 3/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AIJが受託資産のうち約500億円を水増ししていたことが判明。

3月13日の日本経済新聞・夕刊に、企業年金の受託資金の大半を毀損させていたことが発覚し、関東財務局から業務停止命令を受けているAIJ投資顧問についての記事がありました。 記事によりますと、 < AIJ投資顧問による年金消失問題で、同社が受託したとされる企業年金資産約2000億円のうち、実際に企業年金などから集めた資金は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企業年金の受託資産約2100億円の9割超が消滅…いくらなんでも酷すぎないか?

昨日からの報道でご存知の方も多いかと思います。 東京のAIJ投資顧問会社が受託した企業年金資産約2100億円のうち9割超が消滅し、しかもそのことを隠していたことが発覚したことに対して、24日、関東財務局は同社へ行政処分*を行いました。 *詳しくはこちらをどうぞ AIJ投資顧問株式会社に対する行政処分について(PDF) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

4月1日より外来診療の窓口支払が軽減されます。

厚生労働省はHPにて、4月1日より、外来診療でも窓口で限度額適用認定証などを提示すれば、窓口での支払いは自己負担限度額で済むようになることを発表*しました。 *詳しくはこちらをどうぞ。 厚生労働省・重要なお知らせ 高額な外来診療の窓口支払いが軽減されます …今回の決定は、通院化学療法を行っているがん患者にとって、とても大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソニー生命が介護にかかる費用等に関する調査結果を発表しました。

2月10日、ソニー生命保険はHPにて、ケアマネジャーを対象にした、介護にかかる費用等の調査結果を発表*しました。 *詳しくはこちらをどうぞ。 2/10・お知らせ 介護の専門家(ケアマネジャー)を対象とした『介護にかかる費用等に関するアンケート調査』について(PDF) 【管理人の感想】 結論から申しますと、とても興味深いも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

陽子線治療の費用について。

今回は、陽子線治療にかかる自己負担費用(先進医療の技術料)について、サクッと述べてまいります。 1.医療機関によってかかる費用にばらつきがあります 陽子線治療を受けた際に発生する自己負担費用(先進医療の技術料)ですが、管理人が調べたところ ①兵庫県立粒子線治療センター、国立がん研究センター東病院…288万3000円。 …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

意外に知られていない「差額ベッド代」を支払うべきケース。

今回は、生命保険会社が医療保険のパンフレットで取り上げていることがある、「差額ベッド代」についてサクッと述べてまいります。 さて、皆さんは病院の個室(正確には「特別療養環境室」といいます)の料金、すなわち「差額ベッド代」はどのようなときに支払わなければならないと思いますか? え?「個室を利用したら必ず支払う必要がある」ですっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

重粒子線治療の費用について。

今回は、生命保険会社が提供している医療保険や、がん保険の商品パンフレットで目にすることが多い、先進医療の中で高額な治療費が自己負担となる、重粒子線治療の費用について、サクッと述べてまいります。 【技術料は照射回数にかかわらず一律】 よく、医療保険やがん保険の商品パンフレットには、重粒子線治療における先進医療の技術料(自己負担部分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大震災で公務中に亡くなった消防団員の遺族に支払われる弔慰金が大幅に削減される事態に。

ヨミウリ・オンラインが21日付で配信した、東日本大震災の関連記事に、ショッキングなものを見つけました。 それは、 東日本大震災で、公務中に亡くなった消防団員の遺族に支払う弔慰金が、共済の準備金を全て取り崩しても30億円以上の不足が発生するために、規定額の一律2700万円から1100万円へと、大幅に削減して支払うことになってし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more