テーマ:管理人の独り言

日本生命が三大疾病保険の新商品を投入します。

3月20日、日本生命保険はHPにて、三大疾病保険の新商品投入を発表*しました。 *詳しくはこちらをどうぞ。 3/20・ニュースリリース 新商品『ニッセイみらいのカタチ 継続サポート3大疾病保障保険付プラン“5つ星”』の発売について(PDF) 【管理人の感想】 1.最大4回の生存給付金 今回発表された新商品の特徴は、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本生命とアクサ生命が医療保険を共同開発。6月から日生で販売開始。

3月20日、日本生命保険とアクサ生命保険はそれぞれHPにて、日本生命とアクサ生命が共同開発した引受基準緩和型医療保険を、6月からニッセイ・ライフプラザで、8月から日生の営業職員網で販売を開始する予定であることなどを発表*しました。 *詳しくはこちらをどうぞ。 3/20・日本生命ニュースリリース アクサ生命との共同開発商品「メディ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリックス生命が介護保障の特約を投入します。

3月18日、オリックス生命保険は、終身保険「ライズ」に付加する介護保障特約の投入を発表*しました。 *詳しくはこちらをどうぞ。 3/18・ニュースリリース 「介護前払特約」の取り扱いを開始~保険料の負担なく、重度介護状態で保険金を前払い~(PDF) 【管理人の感想】 1.死亡保険金の前払い 投入される介護保障の特約は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽生命なども一時払保険商品の販売休止へ。18日の日経・朝刊が報じる

3月18日の日本経済新聞・朝刊が、太陽生命保険なども、4月から一時払保険商品の新規契約の引受を休止すると報じました。 記事によりますと、 < 貯蓄型の保険商品の販売を休止する動きが、大手生命保険会社に続いて中堅生保にも広がってきた。富国生命保険は4月から一時払の年金保険の販売をやめる。太陽生命保険も銀行の窓口で販売する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽生命が特定疾病保険の新商品を投入します。

3月13日、太陽生命保険はHPにて、特定疾病保険の新商品を投入することを発表*しました。 *詳しくはこちらをどうぞ。 3/13・ニュースリリース 太陽生命、三大疾病の保障範囲を拡大した新商品発売! 【管理人の感想】 1.特則で保障範囲を拡大 今回発表された新商品は、保険組曲Bestを構成するためのもので、「特定疾病治療…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリックス生命が一部の定期保険商品の保険料を引き上げます。

少々前の情報で恐縮です。 2月26日、オリックス生命保険はHPにて、「定期保険」「定期保険特約」「低解約払戻定期保険」の保険料を、5月2日より引き上げることを発表*しました。 *詳しくはこちらをどうぞ。 2/26・お知らせ 定期保険、定期保険特約、ロングターム7の保険料改定について(PDF) 【管理人の感想】 1.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソニー生命の学資保険(無配当)Ⅲ型が販売停止になります。

ソニー生命保険は、学資保険の特設サイトである「学資保険スクエア」において、契約日が5月2日となる申込より学資保険(無配当)Ⅲ型の販売を停止することを発表*しています。 *詳しくはこちらをどうぞ。 重要なお知らせ 学資保険(無配当)Ⅲ型の販売停止に関するご案内 【管理人の感想】 新規契約の引受を停止する理由について、詳細は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生命保険会社にも被害が?群馬大付属病院の医療過誤問題。

3月7日の日本経済新聞・朝刊に、群馬大学医学部付属病院において発生した、医療過誤問題についての記事がありました。 記事によりますと、 < 群馬大病院で腹腔(ふくくう)鏡手術を受けた患者8人が死亡した問題で、うち2遺族の以来を受けた被害対策弁護団が6日、前橋市内で記者会見し「医師の刑事、行政処分も考慮すべき重大かつ悪質な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米ドル建終身保険の契約を巡る裁定事案。

生命保険協会が取りまとめた、平成26年10~12月受付分の裁定概要集に(PDF)に、米ドル建終身保険の契約を巡る裁定事案がありました。 裁定概要集によりますと、事案の概要と申立人の主張は以下のとおりです。 <事案の概要>  契約時の募集人による説明が不十分であることを理由に、契約の取消し又は無効、及び既払込保険…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ひまわり生命が、引受基準緩和型医療保険の新商品を投入します。

3月2日、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険はHPにて、4月2日から引受基準緩和型医療保険の新商品を投入することを発表*しました。 *詳しくはこちらをどうぞ。 3/2・ニュースリリース 限定告知型医療保険の新商品「新・健康のお守り ハート」を発売!(PDF) 【管理人の感想】 1.特定疾病で所定の状態に該当したら保険料…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アフラックの第3四半期業績。

2月13日、アメリカンファミリー生命保険はHPにて、平成26年度第3四半期業績を発表*しました。 *詳しくはこちらをどうぞ。 2/13・ニュースリリース 平成26年度第3四半期報告(PDF) 【管理人の感想】 1.がん保険の保有契約件数の減少止まらず 2大主力商品である、医療保険とがん保険の保有契約件数は明暗が分かれま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かんぽ生命が短期払養老保険の認可申請を行いました。

2月19日、かんぽ生命保険はHPにて、金融庁朝刊及び総務大臣に対して、短期払養老保険(保険期間よりも保険料の払込期間が短い養老保険のこと)の認可申請を行ったことを発表*しました。 *詳しくはこちらをどうぞ。 2/19・ニュースリリース 短期払養老保険に係る認可申請について 認可申請がなされた保険の概要が記載されているニュー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オリックス生命の第3四半期業績。

2月13日、オリックス生命保険はHPにて、2014年度第3四半期業績を発表*しました。 *詳しくはこちらをどうぞ。 2/13・ニュースリリース 平成26年度(2014年度)第3四半期決算のお知らせ 【管理人の感想】 1.保有契約は順調に増加 個人保険の保有契約件数・契約高・年換算保険料は、前年同期末比でいずれも増加して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融庁が保険ショップなどに対し、手数料等の報告を義務付けへ。

2月19日の日本経済新聞・朝刊に、金融庁が18日付でHPに公表した「平成26年改正保険業法(2年以内施行)に係る政府令・監督指針案」の一部について取り上げた記事がありました。 記事によりますと、 < 金融庁は18日、複数の保険商品を取り扱う保険ショップ(乗合代理店)への販売規制案を正式に発表した。大手の保険ショップを対…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ソニー生命の第3四半期業績。

2月13日、ソニー生命保険はHPにて、平成26年度第3四半期業績を発表*しました。 *詳しくはこちらをどうぞ。 2/13・ニュースリリース 平成26年度第3四半期業績のご報告(PDF) 【管理人の感想】 1.保有契約は堅調に増加 個人保険の保有契約件数・契約高・年換算保険料は、前年同期末比104.9%、104.2%、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がん保険給付の目安が分かるスマホアプリが発売されました。

2月16日の保険毎日新聞・保毎ウェブが、1月に保険医学総合研究所から発売された、「がん保険給付目安照会」*というスマホアプリについての記事を配信しました。 *詳しくはこちらをどうぞ。 スマホがん保険給付目安照会 配信された記事によりますと、 < 保険医学総合研究所は1月から、がん保険支払(業界標準の三大疾病保障…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフラックの新しいがん保険、販売件数26万件を突破。

2月13日、アメリカンファミリー生命保険はHPにて、同社が昨年9月に投入した新しいがん保険の販売件数が、10~12月の3ヵ月間で26万件を超えたことを発表*しました。 *詳しくはこちらをどうぞ。 2/13・ニュースリリース がん保険の販売件数が3ヵ月間で26万件を突破(PDF) …ニュースリリースによりますと、「10~12…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個人年金保険が注目を集めているそうです。

2月11日の日本経済新聞・朝刊に、個人年金保険についての記事がありました。 記事によりますと、 < 公的年金の補完として、民間の個人年金保険が注目を集めている。中でも、株式や債券などの運用成績によって将来の受取額が変わる変額個人年金保険を活用する人が増えている。個人年金の受け取りと支払の期間や方法には様々な種類がある。…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「乗合代理店に係る規制」が来春から導入?日本経済新聞が報じる。

2月6日の日本経済新聞・朝刊に、「乗合代理店に係る規制」の記事がありました。 記事によりますと、 < 金融庁は複数の保険商品を取り扱う乗合代理店(保険ショップ)に対する販売規制を2016年春に導入する。監督指針などを改正し、販売が特定の商品に偏りすぎていないかや契約者への勧め方が適切だったかを重点検査する。指針に反した…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

オリックス生命とハートフォード生命の合併契約が締結されました。

2月5日、オリックス生命保険はHPにて、ハートフォード生命保険との合併契約を締結したことを発表*しました。 *詳しくはこちらをどうぞ。 2/5・ニュースリリース オリックス生命とハートフォード生命の合併契約の締結について(PDF) …本合併の予定日は今年の7月1日となっています。 この合併が完了すると、ハートフォード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソニー生命が無告知型の一時払終身保険を投入します。

2月5日、ソニー生命保険はHPにて、健康上の告知を必要としない一時払終身保険を投入することを発表*しました。 *詳しくはこちらをどうぞ。 2/5・ニュースリリース 新商品「一時払終身保険(無告知型)」の発売について(PDF) 【管理人の感想】 1.契約してから15年間は保険金額が段階的に増加します。 今回発表された一時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険契約者の変更が生じたら、保険会社が税務署に届け出ることを義務付けるそうです。

2月5日の日本経済新聞・朝刊に、生命保険の契約者変更に関する記事がありました。 記事によりますと、 < 政府は保険の契約者が死亡して、契約者が変わった場合に税務署に届け出るよう2018年から保険会社に義務付ける。これまでは契約者が変わっても税務署が把握しにくく、相続税の申告漏れが起きていた。> とのことです…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

大同生命と太陽生命が保険商品の相互供給及び販売を開始します。

2月4日、大同生命保険と太陽生命保険はそれぞれのHPにおいて、3月2日より生命保険商品の相互供給と販売(クロスセル)を開始すると発表*しました。 *詳しくはこちらをどうぞ。 2/4・太陽生命保険ニュースリリース 太陽生命と大同生命の商品の相互供給・販売(クロスセル)の開始(PDF) 2/4・大同生命保険ニュースリリース 太…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終身保険の理論上の満期と責任準備金について

今回は、終身保険の理論上の満期と責任準備金について、サクッと述べてまいります。 では早速本題です。 【終身保険の理論上の満期と責任準備金について】 1.責任準備金って何? 責任準備金とは、将来の給付金や保険金の支払に備えて積み立てるお金のことです。 例えば、養老保険の場合、被保険者が無事に保険の満期を迎えると満期保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康体料率、適用されれば保険料が割安に。ただし、健康上の基準などを満たす必要あり。

1月24日の日本経済新聞・朝刊に、適用されれば保険料が安くなる健康体料率(保険会社によって名称が異なります)などに関する記事がありました。 記事によりますと、 < 近年持病があるなど健康に不安がある人でも入れる保険が増えて人気を博しているが、一方で自分は健康に自身がある人も少なくないだろう。そんな人には一定の検査結果を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリベント少額短期保険に業務改善命令。

1月16日、東北財務局は、弁護士費用保険という保険商品を投入している、プリベント少額短期保険及び、同社を保有しているプリベントホールディングスに対して、業務改善命令を発出*しました。 *詳しくはこちらをどうぞ。 「プリベントホールディングス株式会社に対する行政処分について」 「プリベント少額短期保険株式会社に対する行政処分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

就業不能年金の支払を巡る裁定事案。

生命保険協会が取りまとめた、平成26年7~9月の裁定概要集(PDF)に、就業不能年金の支払を巡る裁定事案がありました。 裁定概要集によりますと、事案の概要と申立人の主張は以下のとおりです。 <事案の概要>  約款に規定する支払事由に該当しないことを理由に就業不能年金が不支払いとされたことを不服として、その支払い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一時払保険商品の販売休止とその検討が広がってきているそうです。

1月11日の日本経済新聞・朝刊に、生命保険会社が取り扱っている一時払保険商品の動向についての記事がありました。 記事によりますと、 < 貯蓄型の生命保険の販売を止めたり保険料を上げたりする動きが広がってきた。長期金利が低下し、運用利回りを得にくくなったためだ。明治安田生命保険や第一生命保険などが一部の販売を止めたのに続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット生保、対面チャネルの拡充を進める。

1月7日の日本経済新聞・朝刊に、インターネットでの申込を主力販路としている生命保険会社、いわゆるネット生保に関する記事がありました。 記事によりますと、 < インターネットを通じて生保商品を販売する生命保険会社が、相次ぎ地方銀行や保険ショップと販売で提携している。対面サービスを充実させ、ネット契約の販路を広げる狙いがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全ては「出口」のために。

今回は、生命保険契約においてなぜ対面によるニードセールスを重要視し、契約後のアフターフォローの重要性をCMで訴えるのか?ということについて、管理人の考えを述べてまいります。 結論から申しますと、 保険金や給付金の支払いを受けた後に、「あの時、○○しておけばよかった」「こんなはずではなかった」という事態を避けるためである …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more