介護の問題①

日本経済新聞10月27日夕刊に介護の問題を取り上げた記事を見つけました。
この記事を読む限りでは、「日本はまだまだ、介護のことが不十分な国だな」と思わずにはいられませんでした。
以下、記事の抜粋です。

[高齢者・同居でも独居]
 一人暮らしに比べ、家族と同居している高齢者は安心、と周囲から思われがち、しかし家族仲の悪さや互いの無関心から、食事や生活が全く別だったり、ずっと一人ぼっちの状態の「家庭内独居老人」は少なく無い。深刻な場合だと、介護放棄といった高齢者虐待につながるケースも出ており、専門家の間では懸念が広がっている。

 ・・・「介護の現場では、『家庭内独居老人』とも言うべき現象が問題になっている」と話すのは、安田女子大学(広島市)教授の春日キスヨさん。家庭内独居老人は、子世帯など家族と同居なのに、事実上の独居生活を送る高齢者を指す造語だ。

 春日さんは、要介護高齢者の生活を保健師やケアマネージャーを通じて調査している。その家庭で浮かんだのが、家庭内独居老人の存在だった。「モノ、サービスが満ち足りた現在は惣菜を買えばいいし、家電製品も充実しているから不自由は無い。同居でも独居、という奇妙な生活が可能になった」

 確執に至るまでには、家族の長い歴史があるだけに、単純に「高齢者がかわいそう」「子供が悪い」とはいえない。しかし元気なうちはともかく、要介護状態になると話は別。介護放棄や放置といった深刻な事態につながる危険をはらむ。

 ・・・厚生労働省の高齢者虐待に関する全国調査(2004年)では、介護や世話の放棄は52・4%、脅しや屈辱などの心理的虐待に次ぎ、身体的虐待より多かった。介護放棄の場合、他の虐待に比べ、介護サービスの利用が適切でなかったとも報告されている。

 ・・・しかし朗報もある。通報を受けた自治体担当者が、家庭内に立ち入れると定めた高齢者虐待防止法案は、議員立法で今国会に提出、今期末ぎりぎりの今月末に成立の見込みとなった。現在、虐待防止専門組織の設置や条例制定など、一部の自治体レベルで始まった取り組みが、法制定という後ろ盾を獲て、活発になるのは確実だ。

 その上で、安田女子大教授の春日さんは助言する。「高齢者自身も、いざというときに情報をかぎつけてくれる友人を、元気なうちから多く作っておくべきだ。家族がリスクにもなりうる時代。友人を作る努力は、自分を守ることにつながる」

皆様の一票をお待ちしております。
人気blogランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

世知辛いですね
2005年11月27日 00:19
「家族がリスク」なんて夢も希望もない老後ですね。親子の絆がここまで希薄になる時代とは。
子供が信用できないような状況じゃ、出生率が落ちるのも当然ですよね。
現役保険営業マン
2005年11月27日 14:33
世知辛いですねさん、コメントありがとうございます。
本当に悲しいです。私も、6年前に脳出血で倒れ、右半身と言語に障害がある父がおります。現在は、杖を使って自分で歩けますし、日曜日以外はリハビリも兼ねて市内のデイケア施設に通っております。施設での入浴が1日おきなので、入浴のない日は、母が入浴の手伝いをしております。それでも母は大変な思いをしております。それでもこの記事のようにならないのは、比較的お金に余裕があるからです。
様々な面で余裕を失った、サラリーマン家庭の多くはこの記事のようになるリスクを潜在的に抱えているのではないでしょうか?
他者を思いやるゆとりある経済と社会のシステムに戻すべきです。

この記事へのトラックバック