第一生命保険、通院特約の新規募集を当面停止。

4月13日の日本経済新聞・朝刊に、第一生命保険の通院特約が当面、販売停止になるという記事がありました。

記事によりますと、〈第一生命保険が入院前後の通院日を保障する「通院特約」の販売を近く停止する*ことが12日、分かった。入院費は支払ったが、本来支払えるはずの通院費が漏れるケースが多発しているため。…第一生命保険は点検作業の中で、通院特約の支払い漏れの可能性がある契約が大量に判明したもようで、その原因が商品性にもあると判断した。販売停止の時期は今後調整する。〉とのことです。

*4月17日追加:16日付で第一生命保険は通院特約の新規募集を停止しました。販売停止の詳細はこちらをどうぞ。
  • 保険金等のお支払いに関する実態把握と今後の対応について

    …近日中に第一生命は、通院特約の新規募集停止に踏み切りますが、その理由は不明です。

    もし、その理由が記事の通りなら、管理人はかなりの違和感を覚えます。

    本当に、「通院特約」の商品性がお客様の請求漏れによる、未払いの一因となったのでしょうか?

    管理人にはそうは思えません。管理人は、

    特約の満艦飾保険(「90年代の定期付終身保険」、「堂堂○○」もしくは「○○人生」など)の商品性こそが、請求漏れによる未払いの一因となった。

    と考えております。

    【記事の内容】

    以下、記事の内容です。

    【第一生命、「通院特約」販売停止へ・不払い、商品性も原因と判断】
     第一生命保険が入院前後の通院費を保障する「通院特約」の販売を近く停止することが12日、分かった。入院費は支払ったが、本来払えるはずの通院費が漏れるケースが多発しているため。保険金の不払い問題に関連して商品の販売停止を決めたの大手生保で初めて。

     生保各社は過去5年間の保険金支払状況を点検しており、13日に金融庁に報告する。第一生命は点検作業の中で、通院特約の支払い漏れの可能性がある契約が大量に判明したもようで、その原因が商品性にもあると判断した。販売停止の時期は今後調整する。

     第一生命の通院特約は入院すると給付金が支払われる医療保険や医療特約付き死亡保障保険に付ける場合が多い。通院特約を付けると、その分の保険料負担が加わる。契約者が5日以上の入院をすれば、入院前の60日以内と退院後の120日以内に通院した場合に1日当たり3000円の通院給付金を受け取れる。

     しかし契約者は退院時に入院給付金だけを請求し、入院前や入院後の通院給付金も受け取れることに気付かず、請求しない例が多いという。

     通院特約では第一生命を含む大手4社だけで、支払い漏れの可能性のある契約が数十万件に上るとみられる。保険金を適切に支払う体制を整える一環として、商品見直しの動きが生保各社に広がりそうだ。


    以上です。

    皆様の一票をお待ちしております。
    人気blogランキングへ
  • ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!

    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

    →ログインへ

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた
    面白い
    ナイス
    ガッツ(がんばれ!)
    かわいい

    気持玉数 : 0

    この記事へのコメント

    2007年04月16日 10:53
    おはようございます!

    う~ん… お客様が請求し忘れる可能性が高いから販売を止める…
    なんか本末転倒って感じですね!
    お客様が請求し忘れる⇒未払いになる⇒金融庁に怒られる⇒だから怒られる元を売らない
    って考えてるんですかね?
    お客様が請求し忘れる⇒し忘れ防止のシステムを構築する⇒お客様から信頼を得られる
    って考えられないんでしょうか!
    現役保険営業マン
    2007年04月16日 14:06
    ともさか保険事務所さん、一番コメントありがとうございます。
    販売停止の理由は定かではありませんが、日経の報じた通りであるなら、特約満艦飾の保険商品に批判が及ばないための、トカゲの尻尾切りではないかと…。
    また、請求漏れの再発防止という点から考えるとおっしゃるように本末転倒ですね。
    2007年04月16日 17:05
    こんにちは。
    医療技術の進歩により、入院日数が短くなっているので、通院特約は良い特約だと思います。
    契約者の人たちは何も悪くないのに、余波が結局契約者側に来てる感じが・・・
    現役保険営業マン
    2007年04月16日 17:19
    とことこママさん、コメントありがとうございます。
    >…契約者の人たちは何も悪くないのに、余波が結局契約者側に来てる感じが・・・
    >>はい、おっしゃるとおりだと思います。
    今回の第一生命保険の販売停止措置は??です。通院特約の商品性が請求漏れの一因となったとは考えられません(記事が事実と仮定してのことですが…)。

    この記事へのトラックバック