生命保険の「見直し」とは、今の掛け金を安くすること!?

4月1日の日本経済新聞に、生命保険の見直しについてのアンケート記事がありました。

記事によりますと、〈生命保険を見直したいかどうか、加入済みと答えた50~59歳の男女572人に尋ねると、62%から「見直したくない」と答えが返ってきた。…一方で、見直したいと答えた38%の中で圧倒的に多かったのは「掛け金を安くしたい」との声。〉だそうです。

…記事を読む限りでは、どうも「生命保険の見直し=掛け金を安くすること、別の保険に入りなおすこと」という考え方が浸透しているように感じます。

…生命保険の見直しとは、今の保険を解約して別の保険に入り直す、あるいは現在支払っている保険料を引き下げることなのでしょうか?

管理人はそうではないと考えております。管理人は、

生命保険の見直しとは、例えるなら車の定期点検のようなもので、結婚、出産、住宅の購入、子供の進学・就職・独立、自身の定年退職といったライフイベントごとに保障内容をチェックすること。

であると考えております。


【記事に対する反論】
以下、記事に対する反論です。

1.今の保険料を安くすることを目的とした「見直し」は、ほとんど無理。
日本経済新聞は、契約日が今月2日以降の保険契約から、死亡保険の保険料が全体的に引き下げとなることから、〈…値下げになる商品も多く、見直すには良い機会だ。〉と述べております。

…この記事を書いた記者は、多くの人が保険を切り替えることで、今回の保険料率改定の恩恵を受けられると考えているように感じます。ずいぶんと能天気…ポジティブ思考の方ですなぁ。

管理人は、契約年齢の上昇、健康状態に不安があるといった理由で、現在支払っている保険料よりも、高くなるケースが多いのではないか?と考えております。

今回のアンケート調査の対象は50歳代の既婚男女…健康状態や、契約年齢の上昇に伴う保険料アップなどを考えると、別の保険に入り直すこと自体がまず困難ではないかと…。

2.数年続いていたという「生保の見直しブーム」は、本当に見直しのブームだったのか?
生保の見直しブームがここ数年続いていた、と述べておりますが。本当にここ数年、見直しのブームが続いていたのでしょうか?

結論を申しますと、管理人はここ数年続いていたのは見直しブームではないと考えております。

ここ数年続いていたのは、[逓減定期保険+変額終身保険]などへの「保険の切り替えブーム」だったのではないかと考えております。

【記事の内容】
以下、記事の内容です。

【Theチョイス・加入している生命保険、見直したいか。「面倒」だけど「掛け金は安く」】
 死亡率の低下などを背景に生命保険各社が4月、相次いで保険料を見直す。値下げになる商品も多く、見直すには良い機会だ。

 もっとも、生命保険を見直したいかどうか、加入済みと答えた50~59歳の男女572人に尋ねると、62%から「見直したくない」との答えが返ってきた。「今ので十分」(兵庫県の男性、50)との答えもあるが「面倒だから」(神奈川県の男性、51)、「考えると頭が痛くなる」(神奈川県の女性、56)という人も目立つ。生保の見直しブームがここ数年続いたからか、すでに「見直したばかり」(北海道の女性、50)との答えもあった。

 一方で「見直したい」と答えた38%の中で圧倒的なのは「掛け金を安くしたい」(京都府の男性、54)との声。「定年後、年金では払いきれない」(兵庫県の男性、58)など、老後の保険料負担を心配する声もあった。

 見直し派には「医療保険を重視していきたい」(栃木県の男性、54)と考える人も。生命保険文化センターが2006年に実施した調査でも、過去6年間で民間の生保に加入した人の目的は「医療費や入院費のため」が前回(03年)よりも3ポイント増だったのに比べ「万一のときの家族の保障」は6ポイント減。高齢化時代を迎え、自身の健康への意識が高まっているようだ。

 ▽調査の方法 調査会社のマクロミルに依頼して、インターネットで実施した。調査対象は子供を持つ全国の50歳代の既婚男女で、有効回答は618人(男女半々)だった。


以上です。

皆様の一票をお待ちしております。
人気blogランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年04月02日 22:50
何を隠そう私も昨年、今まで入っていた生命保険の見直しをしました。
生保に詳しい生保担当者に相談をし、今まで入っていた生命保険の見直しをしてもらったところ、無駄な特約が付いていたり、保険金額も入りすぎの金額だったと言われました。
お蔭様で今までよりも少しですが、保険料が安くなりました。
昔の生保のセールスレディーは自分の成績を上げるために、高額な保険を勧めたりという傾向にあったのだと思います。
もし、長く契約している生命保険がある人は、時代に応じて必要な額かどうなのかを見直してみるのも必要なのかもしれないと思います。
2007年04月02日 22:56
こんばんは。
50代での保険見直し・・・私の実父も3年程前に、50代で見直しをしました。
大手の定期付終身に加入していましたが、更新であまりに高い保険料になってしまうのと、医療保険に対する不安がキッカケでした。
父の場合は、納得のいくメンテナンスが出来たと思いますが、健康上の不安も多い年齢なので、50代の保険見直しは慎重にしたいですよね。
現役保険営業マン
2007年04月03日 01:01
ラッキーブルーベアーさん、一番コメントありがとうございます。
…おお、そうでしたか!!見直しをした結果、納得のいく保険に入りなおすことができたのですね。
納得できる保険に加入し直せた上に保険料も従来より安くなるとは、めったにないことだと思います。
現役保険営業マン
2007年04月03日 01:06
とことこママさん、コメントありがとうございます。
…見直した結果、お父様にとって納得がいく保障内容にできて良かったですね。
…はい、50代ともなると血圧などで指摘を受けている方が多いと思われますので、慎重にすべきだと思います。
2007年04月03日 01:35
いつも拝見しております。

>生命保険の見直しとは、例えるなら車の定期
>点検のようなもので、結婚、出産、住宅の
>購入、子供の進学・就職・独立、自身の定年
>退職といったライフイベントごとに保障内容
>をチェックすること。

おっしゃるとおりだと思います。
ライフイベントごとに、保険に対する自分のニーズを再確認して、必要に応じて見直しをすることは大事だと思います。
現役保険営業マン
2007年04月03日 08:53
秋桜児さん、コメント&ご賛同いただきありがとうございます。
…おっしゃるとおり、保険の見直しとは、保険に対する自身の必要性(ニード)再確認することでもあります。
はまつひろみ
2007年04月12日 01:44
コンサルティングの上に見直しがあるのはその通ですよね。
「Sを削って(必要以上に)Pを安くする」=「共済等に入りなおす」=「よい見直し」、、と妄信する、ちょこっと勉強の素人主婦FP(?)軍団を知っています。
保険見直しのパターン(パターンでですよ!)をなんかの本で勉強したぐらいで、他人の保険のアドバイスをとやかくしてるとは、絶句ですよ。
他人の保険見直しにはすご~く責任と覚悟がいります。素人FPがパターンでできるもんじゃありません。
Sを削ったとたんに給付事由が(もし)起きたら、、、どう責任とれるのでしょうね?
現役保険営業マン
2007年04月12日 02:11
はまつひろみさん、コメントありがとうございます。
…確か某共済の流れを汲む怪しげな「自称FP」軍団ですよね?はっきり言って無責任主婦軍団ですよ。
>他人の保険見直しにはすご~く責任と覚悟がいります。素人FPがパターンでできるもんじゃありません。
>>はい、おっしゃるとおりです。何かの本でかじった付け焼刃の知識を振りかざしてできることではありません。
…いや、責任なんて取れないでしょうね。何せ責任感ゼロの軍団でしょうから…。

この記事へのトラックバック

  • 窓販の一部に保険契約のクリングオフ適用範囲を拡大

    Excerpt: 6月1日から金融庁は、保険契約の申し込み日から8日以内ならば手数料無しで解除が出来る「クーリングオフ」の適用範囲を拡大すると発表をしたそうです。 Weblog: ラッキーブルーベアーの休憩室 racked: 2007-04-03 22:46
  • 生命保険と預金の違いは?

    Excerpt: はじめまして!生命保険講座です。 将来のリスクに備える手段として生命保険と預金があります。生命保険と預金はどう違うのでしょうか?●生命保険、預金の特徴生命保険は契約したその日から、死亡などの場合に保.. Weblog: 生命保険を知ろう!生命保険講座 racked: 2007-04-04 22:23