変額年金保険の新契約高、上半期ベースで前年同期比マイナスに。

12月2日の日本経済新聞・朝刊に、生命保険協会が1日公表した08年4~9月の生命保険事業概況についての記事がありました。

記事によりますと、

< 運用次第で年金の受取額が変わる変額年金保険の販売に急ブレーキがかかってきた。生命保険協会が1日発表した生保44社合計の事業概況*1によると、2008年4~9月の変額年金保販売額は前年同期比13%減の1兆8500億円。全体の保険料収入も3年連続で前年実績を下回った。

 変額年金は払い込んだ保険料分を年金原資として保証する商品が一般的だが、株安により一部の商品で元本保証が外れるなど、運用悪化が目立っていた。変額年金の販売額が上半期ベースで前年実績を下回るのは統計のある03年以来、初めて。

 一方、契約時に受取額が決まる定額年金の販売額は13%増の2兆3700億円だった。

 全体の保険料収入は1%減*2の13兆6300億円。少子高齢化の影響で死亡保険の契約獲得が不調だった。>


とのことです。

管理人注
*1・正しくは「生命保険事業概況」ではなく、「平成20年度第2四半期 保険種類別契約高・新契約種類別統計表(44社合計)」です。

*2・正確には「1%減」ではなく、「0.7%減」です。

…日経は、「全体の保険料収入減少=死亡保険の獲得不調」と論じているように思えるのですが、果たして本当にそうなのでしょうか?

結論から申しますと、NOだと思います。随分と前から少子高齢化による死亡保障保険の市場縮小という指摘がなされていますが、ソニー生命保険、プルデンシャル生命保険、アリコジャパンなどは死亡保障保険の契約を伸ばしています。

個人的には、保険会社の数が増えたことによる競争激化と、新契約を伸ばす会社と伸ばせない会社の差が開いてきていることが、全体の保険料減少につながっているのではないかと考えております。

【記事の内容】

以下、記事の内容です。

【変額年金販売13%減―生保44社4~9月期】
 運用次第で年金の受取額が変わる変額年金保険の販売に急ブレーキがかかってきた。生命保険協会が1日発表した生保44社合計の事業概況によると、2008年4~9月の変額年金保販売額は前年同期比13%減の1兆8500億円。全体の保険料収入も3年連続で前年実績を下回った。

 変額年金は払い込んだ保険料分を年金原資として保証する商品が一般的だが、株安により一部の商品で元本保証が外れるなど、運用悪化が目立っていた。変額年金の販売額が上半期ベースで前年実績を下回るのは統計のある03年以来、初めて。

 一方、契約時に受取額が決まる定額年金の販売額は13%増の2兆3700億円だった。

 全体の保険料収入は1%減の13兆6300億円。少子高齢化の影響で死亡保険の契約獲得が不調だった。

【データを見て気付いたこと】
上記及び過去の新契約種類別統計表を見ていて、いくつか気付いたことがありましたので、なるべくサクッとご案内します。

1.終身保険・定期付終身保険が前年同期比増。
平成18年度上半期以降、新契約件数・新契約高ともに前年同期比マイナスだった終身保険ですが、今上半期では

・新契約件数…78万1682件(前年同期比133.6%)

・新契約高…3兆3403億円(前年同期比126.3%)


と新契約件数・新契約高ともに前年同期比増に転じました。

また、平成16年度上半期に新契約件数・新契約高が大きく落ち込んで以降、前年同期比マイナスだった定期付終身保険ですが、終身保険同様

・新契約件数…12万7213件(前年同期比108.7%)

・新契約高…2兆1419億円(前年同期比102.3%)


と新契約・新契約高ともに前年同期比増に転じました。

2.前年同期比マイナスとなった「変額保険」は年金のみではない。
前年同期比マイナスになった変額保険は、年金だけではありませんでした。死亡保障保険の1つ「変額保険・終身型」「変額保険・定期型」も、今上半期の新契約件数と・契約高が次のような実績となっていました。

1)変額保険・終身型
・新契約件数…4万2506件(前年同期比87%)

・新契約高…2196億円(前年同期比82%)


2)変額保険・定期型
・新契約件数…153件(前年同期比55.2%)

・新契約高…52億円(前年同期比42.7%)


3.医療保険、がん保険…新契約高が伸びず。
医療・がん、ともに新契約件数は増加しましたが、新契約高はマイナス(医療保険は平成17年度上半期以降、4年連続)でした。

1)医療保険
・新契約件数…135万7099件(前年同期比104.1%)

・新契約高…2430億円(前年同期比78%)


2)がん保険
・新契約件数…64万8430件(前年同期比115.1%)

・新契約高…279億円(前年同期比86.1%)


4.定額年金保険、5年連続で新契約高2兆円を突破。
変額年金保険の新契約高の伸び率が注目されていた一方、あまり取り上げられていませんでしたが、定額年金保険の新契約高が2兆3799億円(前年同期比113.3%)と、今上半期も2兆円を突破しました。これで平成16年度上半期から5年連続の2兆円突破です。

米ドル建てやユーロ建て、豪ドル建てなどのいわゆる「外貨建て個人年金保険」がその一因でしょうかね?


以上です。

人気ランキングは、12月4日21:30現在で17位…アップしました。ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
人気ブログランキングへ
画像

マネポケランキングは、現在43位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
マネポケ金融投資ブログランキング!
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック