現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 糖尿病性神経障害―壊疽(えそ)、突然死の原因にも。

<<   作成日時 : 2009/01/14 10:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 4

1月13日の日本経済新聞・夕刊に、糖尿病の合併症↓の1つである、「糖尿病性神経障害」についての記事がありました。





記事によりますと、

< 予備軍を含めると日本人の5人に1人が向き合う糖尿病。様々な病気を併発するが、なかでも足のしびれや痛みを伴う糖尿病神経障害は壊疽(えそ)や突然死の原因になりやすい。滋賀医科大学医学部看護学科の安田斎教授(神経内科)は「自覚症状が表れずに悪化することも多く、注意が必要」と訴える。>

とのことです。

…記事にもありますが、この糖尿病性神経障害は、網膜症、腎症を含む三大合併症の1つで、自覚症状のない人も少なくないそうです。

壊疽、突然死の原因にもなるとは…本当に恐ろしいです。そのような事態を回避するには、普段から予防(バランスの取れた腹8分の食事、適度な運動)をすることが非常に重要ではないかと思います。

そういう管理人はどうなの?という声が聞こえてきそうですね。もちろん管理人は、昨年の秋から運動(ほぼ毎日、30〜40分のウォーキング)を継続していますよ。

おかげでふくらはぎに筋肉が付き、少しずつですが体(特にウエスト)が締まってきました。ベルトの穴を右から2番目にすることが今の目標です(ちなみに今は右から3番目です)。

【記事の内容】

以下、記事の内容です。

なお、皮膚潰瘍のリンク先にはかなりショッキングな画像がありますので、むやみにクリックしないことをお勧めします。気分が悪くなっても一切責任を負いません。

【病を知る・しびれA糖尿性神経障害―壊疽や突然死の原因に。自覚症状ない人も】
 予備軍を含めると日本人の5人に1人が向き合う糖尿病。様々な病気を併発するが、なかでも足のしびれや痛みを伴う糖尿病神経障害は壊疽(えそ)や突然死の原因になりやすい。滋賀医科大学医学部看護学科の安田斎教授(神経内科)は「自覚症状が表れずに悪化することも多く、注意が必要」と訴える。

 ―糖尿病患者の多くが足のしびれを訴えているとの調査結果があります。
 「高血糖が続いて末梢(まっしょう)神経が侵され、神経組織が脱落していく病気です。診断基準が未確立なため正確な有病率は不明ですが、自覚症状のない人も少なからずいて、糖尿病患者の4割弱と推定されます。網膜症、腎症を含む三大合併症の中で頻度が最も高く、早期に症状が現れると考えられます」

 「初期には両足の先にジンジン、ビリビリといったしびれや痛みを感じ、『砂利を踏むようだ』と訴える人もいます。ゆっくりと悪化し、神経の脱落が進むと感覚が低下する。こうなると足に外傷を受けやすく、皮膚潰瘍(かいよう)や壊疽につながり、切断を迫られることもある。自律神経障害を引き起こし、突然死の原因にもなります」

 ―神経がどのように侵されるのですか。
 「末梢神経の代謝異常で神経が傷つく、神経に栄養や酸素を送る血管が損傷する、神経の再生能力が低下するなど様々な仮説がありますが、詳しくは分かっていません。悪玉の活性酸素が神経を痛めるとの説もあり、これらが相互に絡み合う複合要因説が有力です」

 ―自覚症状がない人も多いですね。
 「初期のしびれや痛みを陽性症状、感覚の低下を陰性症状といいますが、病気の見通しを左右するのは陰性症状です。自覚できないうちに神経が侵されていく。末梢神経は脱落すると元に戻らず、いわばポイント・オブ・ノーリターン(回復が見込めない時点)があると考えられます」

 ―診断では何を重視しますか。
 「腰や首など整形外科領域の病気では片側の手や足がしびれたり痛んだりするのに対し、糖尿病性神経障害や動脈硬化では両側に出やすい。特に糖尿病では足袋をはく部分にまず症状が表れるのが特徴です」

 「ただ自覚症状だけで判断するのは危険です。私を含め専門医がつくる『糖尿病性神経障害を考える会』が2002年に定めた簡易診断基準では、アキレス腱(けん)反射の有無やくるぶしに音叉(おんさ)を当て振動の感じ方を調べる検査を重視しています」

 ―治療法は?
 「まず血糖値の管理に加え禁酒、禁煙、血圧管理などが重要です。生活習慣の改善は予防段階から強調されていることですが、なかなか守られていません」

 「しびれや痛みを軽減するには三環系抗うつ薬や抗けいれん薬を使うことも多い。ただし、これらは対症療法で、神経障害の悪化を食い止められません」

 「病気の悪化を防ぐ薬として『アルドース還元酵素阻害薬(ARI)』がよく使われますが、効き目のあると人とない人がいるように思われます。また神経の変性がある程度進むと、あまり効かないことが分かっています。その意味でも早期に診断を受け、治療を始めるのが肝要です」

▽予備段階から症状出ることも
 糖尿病の発症初期や予備軍の人も手足にしびれを感じることがある。初期は「高血糖性神経障害」と呼ばれ、血糖値が高いときだけ生じやすい。この症状は神経組織の変性が原因ではなく、神経の一時的な機能異常とみられている。

 近年、欧米では予備軍の人のしびれや痛みが報告され、専門家から注目されている。インスリンの働きの低下に関係し、食事療法や運動療法で改善することが多い。「詳しい原因は不明だが、メタボリック症候群との関連も疑われる」(安田教授)という。


以上です。

人気ランキングは、1月14日10:30現在で18位…ちょっと下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
画像


マネポケランキングは、現在35位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
マネポケ金融投資ブログランキング!
マネポケ金融投資ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
web拍手 by FC2

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
うつの薬の盲点
うつの薬には盲点があるようです。こんにちは。管理人のススムです。うつ状態の改善には薬の服用を…と言いたいところですが、 ...続きを見る
うつの薬の盲点
2009/01/23 18:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

実は、このような状態になった方の給付金性急の手続きをしたことがあります。その方は、視力もほとんど失ってしまっていました。
防げるのであれば、早めに対策をしたいですね。

現役さん、ウォーキングを続けていらっしゃるんですね☆『続ける』ことが一番です。ベルトの穴が達成できるように頑張ってください!
とことこママ
URL
2009/01/14 14:08
とことこママさん、こんにちは。
一番コメントありがとうございます。
…そうなんですか。お客様のその後の人生を考えると辛いですね。
…おっしゃるとおりです。生活習慣による糖尿は予備軍になる前に防げるのですから、しっかり防ぎたいです。
…応援ありがとうございます。今年10月の健康診断でどのくらい数値が変わるかたのしみです。
現役保険営業マン
2009/01/14 15:51
こんばんは。

おお!! 現役さんウォーキングですか!
すごいですねぇ。
私も以前にやっていたことがあるのですが、続きませんでした。。 意思の弱い自分が情けなくなりましたよ(涙目)。それ以来やっていません(苦笑)

しっかし、我々の職業は太りやすい!(←仕事のせいにしている(笑))
Yuki会長やとことこママさんのようにスマートな方々はともかく、私のように「呑むの大好き」な人は気をつけなければいけませんねー
佐藤
URL
2009/01/14 21:24
佐藤さん、こんばんは。
コメントお待ちしておりました。
…まぁ確かに単調になりがちですからねぇ。常に革新を求める人には辛いかもしれません。

…同感です。なにかと車で移動することが多いですから、気をつけているつもりでもいつの間にかおなか周りが成長していた…なんてことは珍しくないと思います。
…おっしゃるとおりです。何しろ佐藤さんは甘党辛党の「二党流」なのですから、特に注意が必要です。
現役保険営業マン
2009/01/14 22:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
管理人へのお問い合わせはここをクリックしてください。メールフォームが開きます。
糖尿病性神経障害―壊疽(えそ)、突然死の原因にも。 現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる