第一生命が新しい保障の変更制度を開始します。

5月8日、第一生命保険はHPにて、新しい保障の変更制度を21日より開始することを発表*しました。

*詳しくはこちらをどうぞ。
  • 5/8ニュースリリース 部分保障変更制度「安心リレープラン」の取扱い開始について~保障見直しの自在性が向上!~(PDF)

    【管理人の感想】
    新たに取り扱いが開始されるのは、文字通り

    契約している保険の保障の必要な部分だけを変更できる制度

    ―です。

    従来の、主契約から特約まで全体的に契約内容を変更する「契約転換制度」では、「定期保険特約部分だけを変更したい」といったことができませんでした。

    新たに開始される保障変更制度により、ようやく「必要な部分だけの保障の変更」が可能になりますね。

    この制度が開始されれば、保全担当の営業職員もさらにやる気が出てくるのではないかと思います。

    【公式コメントの内容】
    以下、第一生命の公式コメントの内容です(上記ニュースリリースより抜粋・転載)。

    【部分保障変更制度「安心リレープラン」の取扱い開始について】

    ~保障見直しの自在性が向上!~


     第一生命保険株式会社(社長:渡邉 光一郎)では、国内成長戦略「一生涯のパートナー With Youプロジェクト」(※)の取組みの一環として、2015年5月21日より、ご加入いただいている契約を部分的に新たな保障に柔軟に見直すことのできる“部分保障変更制度「安心リレープラン」”の取扱いを開始します。

     一般的に生命保険は長期にわたる契約であるため、ご加入後もライフステージや社会環境などの変化に合わせて契約の見直しをおこなっていただくことが大切です。

     そのため、当社では、お客さまお一人お一人のニーズの変化に合致した「確かな安心」を提供できるよう、契約全体を総合的に見直す「転換制度」に加え、2011年から、入院関係特約を当社最新の終身医療保障に医師の診査や健康状態の告知なく見直すことができる医療保障変更制度「メディカルスイッチ」を実施しています。

     今般、さらに、“部分保障変更制度「安心リレープラン」”の取扱いを開始することにより、ご加入契約の必要な保障を継続したまま、見直しが必要な部分を新たな保障に変更することが可能となります。これにより、お客様の多様な保障見直しニーズに、より柔軟に幅広くお応えできるようになります。

     この“部分保障変更制度「安心リレープラン」”では、今後も必要な保障を継続しつつ、例えば、

    (1)お子様の独立などにより、死亡保障の部分を見直して、介護にも備えたい。

    (2)セカンドライフに備えて、更新型の医療保障を当社最新の終身医療保障に変更して保障額も増やしたい。

    (3)終身の死亡保険を部分的に見直して、終身の介護保障に変更したい。


     など、ライフステージや社会環境の変化に合わせて、柔軟に部分的な変更を行うことが可能となります。

     第一生命では「一生涯のパートナー With Youプロジェクト」(※)のコンセプトに基づき、お客様お一人お一人に合わせた総合的なコンサルティングを通じて、生命保険のご加入からお受け取りまで、未来に続く「確かな安心」をお届けしていきます。

     ※生涯設計デザイナー(営業職員)をはじめとする高い専門性を持つ全役職員の「強固なチームワーク」で、お客様の一生涯に寄り添った「確かな安心」「充実した健康サポート」を提供する仕組み。


    以上です。

    画像
    ↑、タンポポにやってきたヤブキリの幼虫(先月撮影)。


    ↓5月8日23:30現在で2位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    人気ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    ↓現在18位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    マネポケ金融投資ブログランキング!
    マネポケ金融投資ブログランキングへ

    ↓5月8日23:00現在で41位…下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    にほんブログ村 保険へ
    にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
    にほんブログ村
  • ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!

    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

    →ログインへ

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた
    面白い
    ナイス
    ガッツ(がんばれ!)
    かわいい

    気持玉数 : 3

    ナイス ナイス ナイス

    この記事へのコメント

    この記事へのトラックバック