外貨建保険の販売資格創設を巡り、生保協会と全銀協などとの間に温度差?全銀協などは試験導入に慎重。

11月27日の日本経済新聞・朝刊に、銀行窓販における外貨建保険の販売資格創設に関する記事がありました。

記事によりますと、

< 外貨建保険の販売資格の創設を巡り、生保業界と販売を担う銀行業界が応酬を繰り広げている。外貨建保険の販売に伴う苦情が増え続けている中で、生保側は新資格制度を信頼回復策と位置づけ、2022年春に運用を始めるロードマップを描く。一方、生保の「資格試験ありき」の姿勢に疑問を呈する銀行業界は慎重姿勢を崩さない。両業界は実効性のある防止策を示せるのか。>

とのことです。

【管理人の感想】
個人的には、金融商品取引法で防止できていないことが問題ではないかと思います。定められている募集ルールを順守すれば、説明不十分という苦情は起こらないはずです。

それでも苦情が寄せられるというのであれば、いっそのこと銀行窓口における特定保険契約の取り扱いを止めてしまったらどうでしょうか?そうすれば苦情は生じなくなると思います。

それは今さらできないというのであれば、

①保険の相談に訪れた利用客以外には保険の推奨をしない。

②利用客に対しても外貨建保険に関する一般的な理解力を問うテストを実施して、全問正解できなかったらその人には一切推奨しない。


というのはどうでしょうかね。

【記事の内容】
以下、記事の内容です。

―日本経済新聞 2019年11月27日朝刊―

【外貨建保険販売資格で応酬―生保の「試験ありき」に銀行反発】

 外貨建保険の販売資格の創設を巡り、生保業界と販売を担う銀行業界が応酬を繰り広げている。外貨建保険の販売に伴う苦情が増え続けている中で、生保側は新資格制度を信頼回復策と位置づけ、2022年春に運用を始めるロードマップを描く。一方、生保の「資格試験ありき」の姿勢に疑問を呈する銀行業界は慎重姿勢を崩さない。両業界は実効性のある防止策を示せるのか。

 「既存の試験の見直しで対応できないのか」

 「スケジュールありきで準備を進めるのには違和感がある」

 11月上旬、東京・丸の内の生保協会の会議室で議論が噴出した。生保側が全国銀行協会や全国地方銀行協会の担当者らに、外貨建保険を販売する募集人に対する業界共通の資格制度の創設を提案したところ、反発の声が相次いだ。

 生保が提示したのは、まず20年中に先行して試験制度を設けて、22年春からは資格保有者に販売を認めるという大まかな方向性。しかし、銀行側からの納得を得ることができなかった。

 外貨建保険は銀行窓口で販売するものが大半だ。資格を設ければ、銀行の販売業務の一線を担う窓口職員が試験勉強で手間をとられるうえ、銀行側に受験料の負担も生じる。資格の創設ではなく、すでにある変額保険の資格の見直しで対応すべきだと主張する。

 生保協会によると、銀行窓販における18年度の外貨建保険販売の苦情は2543件と前年度比3割増。販売増加に伴い苦情は増えており、金融庁なども問題視している。大半は為替変動による元本割れリスクなど「説明不十分」が占めるため、売り手のリテラシー向上策として資格創設が浮上した。

 「課題をクリアしながら実施に向けて進めていく」。生保協会の清水博会長(日本生命保険社長)は15日の記者会見で、銀行側との調整難航を問われ、引き続き協議していく姿勢を強調した。

 もっとも、新たな資格だけで苦情が減るかは未知数だ。銀行窓販で外貨建保険の販売が伸びているのは、銀行の販売目標の設定や手数料体系との関連も大きいとされる。問題克服へ両業界の本気度が問われる。


以上です。

DSC04206.JPG
↑、5月に撮影したモノサシトンボ。

↓11月29日20:00現在で7位…ちょっと下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。

人気ブログランキング

↓11月29日20:00現在で3位…ちょっと下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

がくがくダック
2019年11月30日 22:22
外貨建保険の販売資格の創設・・・・資格より生保の資格の仕組みを考える方が大事なのでは?金融庁さんに顧客本位を歌うのに資格も含む乗合の規定の有り方?少額短期でも生保との違いもあり認める所も有り?
見直して頂きたい生保?
現役保険営業マン
2019年12月01日 01:16
>がくがくダックさん
金融商品取引法を順守すれば済む話です。順守しても苦情が出るというのであれば、利用客にも相応の努力を求めるしかありませんね。
がくがくダック
2019年12月02日 13:35
Q.金融商品取引法を順守すれば済む話
A.1社専業では順守は難しい・・・乗合しないと無理押しになりトラブルが発生・・・一般過程取得で一人で何社も乗合可能にすれば顧客本位にもなりトラブルにならず店主は背に腹は代えられぬ状況になれば順守
より食うことに追われてトラブルも有り
南京ダック
2019年12月03日 23:04
生保募集人の資格を毎年更新制にして、CFPくらいの難易度にすれば良い。かなり淘汰されて米国の保険代理店のように社会的地位向上するだろう。