住友生命。通貨選択型の終身保険の発売を発表。

2月5日、住友生命保険はHPにて、通貨選択型の終身保険の新商品の新商品を発表*しました。

*詳しくはこちらをどうぞ。
  • 2/5・ニュースリリース 「プラスつみたて終身保険」の発売について(PDF)

    【管理人の感想】
    ニュースリリースを読む限り、今回の商品の特徴は

    ①保険料の払込期間(5年間)を第1保険期間とし、その間の死亡保障は既払込保険料相当額。第1保険期間の解約返戻金を抑制。保険料払込期間満了後は第2保険期間とし、死亡保障は基本保険金額(既払込保険料総額を上回る額)となる。

    ②医師の診察及び告知を必要とせず、円建て、米ドル建てともに契約後一定期間を経過すれば、解約返戻金が払込保険料額を上回る(つまり返戻率が100%を超える)。

    ③特約を付加すれば、所定の重度介護状態に該当した場合、死亡保険金全部または一部を介護費用として受け取ることができる(第2保険期間に移行している場合)。


    という点です。

    銀行との共同開発、ということですから窓販商品としても活用できるようにしたのかもしれません。

    【公式コメントの内容】
    以下、住友生命の公式コメントの内容です(上記ニュースリリースより抜粋・転載)。

    【「プラスつみたて終身保険」の発売について】

     住友生命保険相互会社(取締役 代表執行役社長 橋本 雅博、以下「住友生命」)は、2021年3月15日から株式会社三井住友銀行において選択通貨建平準払終身保険「プラスつみたて終身保険(円建)」「プラスつみたて終身保険(米ドル建)」を発売します。

     本商品は「人生100年時代」の到来を踏まえ、万一の際の死亡保障と自助努力による資産形成の機能を提供することを目的に株式会社三井住友銀行と住友生命で共同開発しました。

    <プラスつみたて終身保険のポイント>
     5年経過以後の死亡保険金、解約返戻金を重視した終身保険です。円建・米ドル建から選択いただけます。

    ポイント①…死亡保険金額が5年経過時点で増加します。
     ご契約から5年経過時点で死亡保険金額(円建または米ドル建)が増加し、以後、一生涯保障します。(ご契約当初5年間の死亡保険金額は既払込保険料相当額です。)

    ポイント②…解約返戻金額が5年経過以後も増え続けます。
     解約返戻金額(円建または米ドル建)はご契約から5年経過以後に、既払込保険料相当額を上回ります。また、以後基本保険金額を上限に増加し続けます。(保険料払込期間中の解約返戻金を低く設定しています。)

    ポイント③…告知が不要です。
     医師の診査も健康告知も不要でお申込みが簡単です。

    ポイント④…5年経過以後、要介護状態も保障します。
     重度介護前払特約を付加した場合※1、ご契約から5年経過以後、死亡保険金の全部または一部にかえて介護費用として受け取ることもできます※2。

    ※1.本特約の付加は、住友生命の他の保険も通じて被保険者おひとりにつき1契約に限ります。

    ※2. ご契約から5年経過以後に、被保険者の年齢が満65歳以上かつ公的介護保険制度の要介護4または要介護5に該当していると認定された場合、ご請求により将来の死亡保険金の全部または一部にかえて、重度介護前払保険金を被保険者にお支払いします。


    以上です。

    DSC04584.JPG
    ↑昨年6月に撮影したショウジョウトンボ・♂。

    ↓2月7日20:00現在で7位…アップしました。ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。

    人気ブログランキング

    ↓2月7日20:00現在で4位…アップしました。ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
    にほんブログ村
  • ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!

    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

    →ログインへ

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた
    面白い
    ナイス
    ガッツ(がんばれ!)
    かわいい

    気持玉数 : 1

    ナイス

    この記事へのコメント